自動化集客ブログテンプレートステップ4

自動化集客ブログテンプレートのステップ④ということで、「ステップ②&③」で掘り下げた、最下層で検索ボリュームがあるキーワードを使い、ブログタイトルを作成する方法です。

ここまでで既に需要があるジャンルのキーワードを掘り下げています。

あとは、このキーワードで記事を作成するだけです。

ただ、どのような記事を作成すればいいのか?ここで迷う方が多いも事実ですし最初はどうしてもイメージが付きにくいものです。

そこで、記事作成を行う前に大切な、作成する記事の方向性をタイトルを決めて行っていきます。

詳しくは下記の動画をご覧ください。

動画コンテンツはこちら

キーワードのライバルチェックについて

キーワードを選ぶ際には、「ダイエット 筋トレ」などキーワードで検索をしまして、検索した1ページ目(1位~10位まで)に表示される、ライバルサイトをチェックすることが、アクセスを集める上で重要なポイントになってきます。

ただし、ライバルチェックに正解不正解が無いためあまり神経質に行ってしまうと、キーワードが見つからなかったり、作成していればアクセスが集まっていたキーワードを逃してしまうことにも繋がりません。

そこで、まだ記事作成に慣れていない最初の段階では、ライバルチェックを行う際は、ライバルが弱い場所を見つけるのではなく、強いライバルが多くいるキーワードは避けるように意識されてください。

ライバルが強いキーワード

強いライバルの基準ですが、具体的にはこちらになります。

・記事数(インデックス数)が300〜500以上のサイトが半数を占めるキーワード
・タイトルに検索したキーワードが全て含まれているサイトが1ページ目に6つ以上あるキーワード
・文字数3000〜5000文字以上ある記事ばかり出てくるキーワード
・プロが作成したような綺麗なデザインのブログが半数を占めるキーワード
・専門性の高いサイト(医師・弁護士・税理士などの専門職の方が作成されているサイト)が多く出てくるキーワード
・公式サイト・大手サイト(クックパッドなど)・ニュースサイト・物販サイト(Amazonなど)・芸能人ブログが1ページ目の半数を占めるキーワード

このように、ライバルが強いキーワードは避けるようにしましょう。

ちなみにですが、「タイトルに検索したキーワードが全て含まれているサイト」についてですが、「ダイエット 筋トレ」と検索した際に、下記画像のように同じキーワードが含まれた記事タイトルが1ページ目に6つ以上ある場合はやめたほうがいいです。

ライバルが弱いキーワード!

逆に、ライバルが弱く記事を書くのに適したキーワードはコチラです。

・ライバルサイトの記事数が少ない(100記事以下)のキーワード
・記事タイトルに「キーワード」が含まれていないサイトが多く出てくるキーワード
・無料ブログが上位(1位~5位)にいるキーワード
・ヤフー知恵袋、教えてGoo、発言小町が上位(1位~5位)にいるキーワード

このような、ライバルが多く出てくるキーワードは、狙い目のキーワードと言えます。

ただし、無料ブログでも、運用歴が長かったり、記事がしっかりと作成されている場合は、有料ブログとは言え勝てません。

そのため、安易に無料ブログがいるからと言って記事を書くと決めずに、記事を1つ1つチェックしていき文字数や記事数も確認してキーワードを選ぶようにしましょう。

あくまでも、ライバルが強いところを避ける方法を身につけて、迷ったら記事を書いて検証する。

これを、繰り返しながらライバルの強さと、あなたの運営するブログの強さを定期的に比べていくことが大切になります。

また、このキーワードのライバルチェックを行いタイミングにつきましてですが、ステップ③が完了して、ステップ④のタイトルをつける前に行うのが効率的です。

ライバルチェックに正解は無い!

ただし、上記でもお伝えしましたように、ライバルチェックに「これが絶対に正解!」という答えはありません。

そのため、「これってどうなのかな?ライバル強いのかな?」と、このように迷うことがあると思います。

このように迷った時は記事を書いてアクセスが集まるかを試して見ましょう。

ちなみですが、ライバルが強すぎると思ってたキーワードでも、記事を書いてみると普通にアクセスが集まることも少なくありません。

そのため、迷ったら記事を書く!

これを前提にライバルチェックを行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

目次
閉じる