野菜やフルーツから酵素ジュースの作り方は簡単!?

野菜、ドリンク

野菜やフルーツから酵素ジュース作り方は簡単!?

酵素ジュースには新鮮な野菜を

酵素ダイエットでおなじみの酵素ジュースは、市販のものでもダイエットに使えますが、手作りで酵素ジュースを作ることも出来ます。

どちらを利用するかは、個人のお好みです。ダイエットをするうえで、どちらがやりやすいかを考えて酵素ダイエットを始めると失敗をしないでダイエットが出来るかもしれません。

酵素ジュースは、新鮮な野菜やフルーツを使って発酵させた飲み物です。

作り方もけっして難しいものではありませんが、失敗すると腐敗してしまうこともあるので注意をして作るようにしましょう。

そこでどのように酵素ジュースを作ればいいのか作り方を見ていきましょう。

酵素ジュースの作り方は大変?

5c1e17eb1c4aa1d60566e200851965f9_s

そもそも酵素ダイエットとは何かを知っているでしょうか。酵素を口から摂り入れてダイエットをするとよく勘違いされますが、それは正しくはありません。

人間の体内にも酵素があります。その体内の酵素を元気よく働かせるために酵素ジュースなどを飲みダイエットをします。

野菜のエキスで出来ていて、その栄養を体内に摂り込むことで、消化や吸収をするための手助けをする酵素が活発に働いてくれるようになります。

それによって代謝が高まり体内に無駄な物を溜めたままにしないで、やせやすい身体に体質改善してくれます。ダイエットの方法は、主に置き換えダイエットとファスティングが有名です。

どちらも食事を制限して、そのかわりとして酵素ジュースを摂って体質改善を目標にダイエットを進めます。ファスティングは、プチ断食と言われるように短期間の断食ダイエットです。ただ、無理をして身体を壊すことがあるので気をつましょう。

酵素ジュースを作るために用意をするものは、野菜などを入れるためのガラス瓶などの容器です。発酵しているかチェック出来るようにするためです。

発酵させるための新鮮な野菜やフルーツでを小さく切り分けて瓶の中に入れます。入れるものに注意をしないと青臭くて飲みにくい物になるかもしれないので、自分に合った食材を選びます。

そして、カットした野菜やフルーツ、そして砂糖を瓶の中にいれます。しっかりとよくかき混ぜることが大切です。だいたい2週間程度、毎日かき混ぜます。

雑菌が入ると腐敗してしまうので清潔な環境で作業をします。水分が出て小さな泡が見られると完成です。手作りは、費用がかかるので野菜やフルーツをそれほど多くの種類を使えません。

雑菌やカビで失敗することもあり、おいしくないものが出来てしまうなどの心配があります。かなり気を使って酵素ジュースを作らなければいけないのではないでしょうか。

それに比べると市販のものは、栄養素の豊富さ品質なども上なので、そちらを利用するのも良いでしょう。

(関連記事:酵素が多い野菜や果物っていったい何?)

酵素先生カナコのまとめ

野菜やフルーツを使った酵素ジュースの作り方は、

  • 酵素ダイエットは、食事を制限しながらその間に酵素ジュースを飲んで、体内の酵素を活性化させます。
  • 酵素ジュースの作り方は、新鮮な野菜やフルーツを使って作ります。
  • 衛生面に注意をして作ります。雑菌やカビの発生で失敗してしまうこともあります。

酵素ダイエットは、酵素ジュースなどを利用して進めます。

手作りは、手間が掛かり清潔にして進めないと失敗することもあるので、準備をきちんとして酵素ジュースを作るようにしましょう。

無理なく健康的に痩せる方法とは?

あなたはこのような悩み抱えていませんか?

☑ 健康診断の数値が気になる…
☑ 年齢よりも若く見られたい…
☑ 結婚式や同窓会などで恥ずかしい思いをしたくない…
☑ 子供の授業参観で恥をかきたくない…
☑ メタボ予防や改善をしたい…
☑ 異性にモテたい…
☑ 好きなブランドのパンツや洋服でオシャレしたい…
☑ 自分に自信を持ちたい…
☑ 気になるお腹や足を何とかしたい…

痩せたい気持ちはあるけど、いつも、ついつい食べ過ぎてしまう…。そんな経験ありませんか?酵素先生カナコは大好きなチョコを我慢できないため、つい食べてしまう気持ちが凄くわかります。

それにダイエットしなきゃと思っても、運動はめんどくさいし、いつも「明日から頑張ろう!」って先延ばしになって体重計が恐ろしく感じてしまうものです。

さらに言えば、どうせなら効率的に痩せたいし、無駄なダイエットはしたくないって思いますよね。

そこで様々な酵素ドリンクを飲んできた酵素先生カナコが「ダイエット効果を最も感じた酵素ドリンク」をお伝えしています。

→ 健康的に無理なく痩せるためにオススメな酵素ドリンクはこちら

コメントを残す