甘酒は酵素ドリンクの仲間?ダイエットに効果的な甘酒の選び方

甘酒酵素ドリンクの仲間?ダイエットに効果的な甘酒の選び方

最近ですが「甘酒は酵素ドリンクの仲間」だと表現している記事などを見かけることが増えてきました。でも、甘酒が酵素ドリンクと同じと言われても「いやいや、そんな訳ないでしょう!」と思うかもしれません。確かに最初私が耳にした時も全く同じことも思いました。

ちなみに、なぜ、甘酒が酵素ドリンクだと表現されているのかというと、どちらも製造するうえで「発酵」させるためなのです。もちろん発酵食品としては、納豆やキムチに黒酢などもあるため、これらすべてが酵素ドリンクかと言われれば違いますよね。

ただ、発酵させることで、体内にある酵素を節約させる効果が同じ役割を果たしてくれるため、甘酒も酵素ドリンクと同じ働きをしてくれるため仲間だと言われているのです。

ちなみに、甘酒は江戸時代からパワードリンクとして広く親しまれており別名「飲む点滴」と言われるほど栄養満点でダイエットにも実は効果を発揮してくれるのです。

そして、あまり知られていないのですが、甘酒は作る過程によって2種類に大きく分けられるのです。

  • 米麹と米を発酵させて作るもの
  • 日本酒を製造した後の酒粕を使って作るもの

と、一言で甘酒と言っても使うものがそもそも違ったりするんですね。イメージとしてはビールと発泡酒のように原料を違うもので作成しているって感じなんですね。

そして、ダイエットの際に選ぶべき甘酒は前者の米麹と米を発酵させた甘酒です。では、どうして米麹と米を発酵させた甘酒が良いのか、そして甘酒を飲む際の注意点を学んでいきましょう。

甘酒を選ぶときの注目ポイントとは?

酵素ドリンクとして甘酒を飲みたいと思ったら米麹と米を発酵させた甘酒を選ぶべし、ということは先ほどお伝えしましが、理由を説明するためにそれぞれの製造過程を説明します。

米麹と米を発酵させて作るもの

まず米麹と米を発酵させた甘酒は米に含まれているデンプンが麹によって糖化されることで発酵します。そのため砂糖を入れなくとも自然な甘さがあり、アルコールもかなり抑えられます。

日本酒を製造した後の酒粕を使って作るもの

次に日本酒を製造した後の酒粕を使って作る甘酒は日本酒を作る際にもう発酵の過程を終えています。

そのため麹と米を発酵させた甘酒より簡単に作ることができるので酒粕を使って作る甘酒の方が多く製造されています。

しかし酒粕を使って作る甘酒は糖化の作業がない分甘くなく甘酒らしさを出すために砂糖を加えています。

砂糖を加えることによってカロリーが上昇してしまうこと、また、アルコールが含まれているため、飲むと体の中では砂糖とアルコールを分解するため多量の酵素を消費することになります。

せっかく甘酒を飲んで体の酵素を元気にしようと思っても多量の酵素を消費してしますなら効果が薄くなってしまいます。

そのため、ダイエット目的で甘酒を飲もうと思ったら米麹と米を発酵させた甘酒を選ぶことをおすすめします。

甘酒を飲む際の注意点とは?

実は甘酒はどんなときでも、どんな人でも飲んでいいというものではありません。

甘酒を飲むことで体内の酵素を活性化させて新陳代謝を活発にしたり胃腸の環境を整えることで便秘解消や美肌促進という効果があるという一般的な酵素ドリンクと同じような効果があります。

しかし、1%以上のアルコールを含んだ甘酒は妊婦さんや授乳中の方、アルコールに弱い体質の方は飲まないほうがいいでしょう。

もし上記に当てはまる状態や場合は甘酒ではなく一般的な酵素ドリンクを飲みましょう。

(関連記事:間違ってる?ダイエットで酵素ドリンクの正しい選び方とは?)

酵素先生カナコのまとめ

まとめますと、

  • 甘酒は酵素ドリンクと同じ発酵させた製品になる
  • 酵素ドリンクとして甘酒を飲むときは米麹と米を発酵させた甘酒を選びましょう
  • 甘酒を飲む際は甘酒を飲んでいいかチェックしてから飲みましょう

いつもの酵素ドリンクに飽きてきたら甘酒を飲んでみて気分転換してみてもいいですね。甘酒を選ぶときは製造方法やアルコール度数をチェックしてみて自分好みの甘酒を探してみてください。

様々な酵素ドリンクを飲んできた酵素先生カナコがオススメするダイエットする際に酵素の力を存分に引き出してくれる酵素ドリンクはこちらです

コメントを残す