ダイエットでお酒をやめるのは効果的!?その驚きの理由とは?

ダイエットお酒やめるのは効果的!?その驚きの理由とは?

最近お腹周りが気になりだして、ダイエットをしようと考えているのですが、お酒ってダイエットの妨げになるのでしょうか?

ダイエット中なのに、お酒をやめられないあなた、お酒をやめればダイエットにつながりますよ。

1日働いた自分へのご褒美にお酒を飲んでリラックス、でも、その行為がダイエットの妨げになっているのです。

「量を減らせばそんなに影響ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、その考えが命取りなんです。

お酒はカロリーが高く、お酒を飲むことによって様々な悪影響を及ぼすのです。お酒をやめるとどうしてダイエットにつながるのか、お酒が及ぼす影響を見ていきましょう。

お酒をやめるとどうしてダイエット効果が表れるの?

ご存知でしたか、お酒のカロリーが高いということを。ご飯や魚などが1gあたり約4kcalに対して、お酒は、なんと1gあたり7kcalもあるんです。

そんなカロリーの高いお酒をダイエット中に飲んだら、ダイエットどころか逆に太ってしまいます。

それだけに収まらず、ほとんどのお酒には炭水化物も含まれているので、お酒を飲むとお酒のカロリー&炭水化物分のカロリーを摂取することになってしまうのです。

あ~なんと恐ろしいことでしょう、「おつまみを一切食べないから大丈夫」とお思いのあなた、危険です。

お酒自身のカロリーが高いのだから、お酒をやめない限りカロリーを減らすことはできません。

お酒をやめることによって、カロリーを減らすことができ、ダイエットに大いに影響してくるのです。

(関連記事:ダイエット中は寝る前に飲み物を飲んでも良いの?)

 

お酒がダイエットに及ぼす悪影響とは?

お酒を飲むとなぜか無性にお腹が空きませんか?私ももちろんそうで、若い頃は飲んだ後にラーメンを食べて、お腹も心も癒されていました。

若い頃は新陳代謝も激しく、そんなことをしても「太った」と感じることはありませんでした。

しかし、そんな生活を今現在したら、とんでもなく恐ろしい体形になってしまうのが目に見えて分かります。

お酒を飲むことによって、お酒に含まれる食欲を増進させてしまう物質が「お腹空いたよ」アピールをしてくるのです。

その物質のせいで、胃液の分泌が盛んになり、ついつい食べてしまうのですね。そんな状況で高カロリーなおつまみやおかずを食べてしまうと、せっかくのダイエットが水の泡です。

また、お酒を飲んでいる時に感じない満腹感、一体何故感じないのでしょうね。肝臓は食事よりもアルコールを優先的に分解する働きがあります。

食事の分解や解毒が後回しになってしまうので、栄養をエネルギーに変えることができなくなってしまいます。

そのため低血糖になってしまい、いくら食べても一向に満腹感を感じることができないのです。

ただし、アルコールの分解が終わると食事分のカロリーは、しっかりと体に吸収されます。
満腹感を得ないからといって食べ過ぎた分は、当然脂肪となって体に蓄積され太ってしまいます。

(関連記事:コーヒーはホットとアイスどっちで飲むのがダイエットに効果的?)

 

酵素先生カナコのまとめ

ダイエットにお酒をやめるのは効果的のまとめですが、

  • お酒のカロリーは1gあたり7kcalもある
  • お酒をやめることによってカロリーを減らせる
  • お酒に含まれる食欲増進物質がダイエットに悪影響

ダイエット中にお酒を飲むことは、非常に危険なことなんですね。

少しの量ならカロリーも少しで抑えられますが、しかし飲兵衛というもの、ちょっとのお酒では物足りないものです。

ですから、できるならダイエット中にお酒は一滴も飲まないことをおすすめします。

コメントを残す