【ダイエット中の疑問】筋肉痛の時の運動どうする?

ダイエット中の疑問】筋肉痛の時運動どうする?

昨日筋トレ頑張ってしまった。やばい!動けない!なんてときありませんか?でもこのまま動かなければせっかくダイエットしているのに意味がないような気になって、焦ってきませんか?

注意してほしいのですが、ただ鍛えても意味がありません。あとにも書きますが、回復時に筋肉は成長するからです。

なので、筋肉痛の時は、筋トレは厳禁!

むしろ筋肉痛の時は負荷がかからない運動の水中ウォーキングを行いましょう。

軽いウォーキングなどでも大丈夫です。筋肉が痛かったら有酸素運動と覚えておきましょう。

筋肉痛の仕組みとは?

普段使わない筋肉を突然使ったり、無理して使うことで、筋肉を構成している筋繊維や周りの組織に傷がついてしまうのです。

その損傷した筋繊維を修復するために血液成分が集まり、このときに炎症が起き刺激物質を出して、痛みとして感じるようになります。

筋肉痛は、修復作業中という体のシグナルなのです。

 

筋肉痛の時に運動するなら?

筋肉痛のメカニズムがわかりましたか?筋肉痛のときに、追い筋トレをしたら修復しません。修復してやっと筋肉は鍛えられていくので、筋肉痛の時は、筋トレはお休みしましょう。

筋肉痛は筋肉が鍛えられている証拠です。ダイエットにおいては引き締まっていることを実感できる時です。痛みをむしろ楽しんでいきましょう。そして筋肉痛の時は、筋肉は休ませてあげなければいけません。

だからといって、休もうは甘い考えです。あなたはダイエットなのです。痩せるためには筋肉痛の時でもできる運動あります。それは有酸素運動です。

そこでおすすめは、水中ウォーキングや、バタアシなどの軽い水泳です。水中には浮力があり、自分の体より軽く感じます。筋肉痛も強く感じなくなります。

プールでの運動は、消費カロリーが高いものが多いです。筋肉痛でもできるスイムなどは積極的にしていきましょう。

でも、私の経験上、プールから出た瞬間の自分の重さにはびっくりしますよ。そこで、また「痩せよう!」と思えます。ダイエットの意識UPすること間違いなし。

プールがめんどくさいならば軽いウォーキングなどをして、ちゃんと体を動かしましょう。有酸素運動は基本毎日行って、筋トレは一日置きなどにして、筋肉痛とうまく付き合いながら体を動かしていきましょう。

筋トレをどうしてもしたい場合には、筋肉痛になっていない部分をしましょう。同じところはNGですよ。

(関連記事:一日置きでも効果は出る?ダイエット中の運動のススメ)

 

酵素先生カナコのまとめ

まとめますと、

  • 浮力で筋肉痛が軽減できる水中ウォーキングや軽いスイムがおすすめ
  • プールがめんどくさい場合はウォーキングでもOK
  • 筋肉痛の筋肉はしっかり休ませてあげる
  • 別の筋肉をトレーニングするのはOK

筋トレはとってもダイエットには必要なことです。筋肉痛になるというのは、鍛えられている証拠です。その痛みを楽しみながらダイエットに励みましょう。

コメントを残す