ダイエットで運動するなら腕立て伏せが効果的なのか?

ダイエット運動するなら腕立て伏せが効果的なのか?

腕立て伏せ、あなたはできますか?わたしは・・・・できません。一回も。でもできないというのは、ちゃんとしたフォームでできないだけで、膝をつく腕立て伏せならちゃんとできます。

では、腕立て伏せはどのくらいしたら、二の腕のダイエットができるのでしょうか?しっかりしたポージング、回数など具体的にみていきましょう。

腕立て伏せをすると、きれいにダイエットできる?

腕立て伏せができない私がおすすめするポイントとしては、手軽にできることですね。できる回数は少なくても、もうダメ!って思うところまでは追い込んでやっていきます。

すると、筋肉痛にはすごくなるんです。筋肉は確実に鍛えられるということですね。

二の腕ってとても痩せにくいところだと思うんです。意外と、頑張ってダイエットをしていくと、ウエスト周りの脂肪は取れて見えたりするのですが、二の腕っていつまでもぷよぷよしていませんか?

特に集合写真みたいなところで、一番端になってしまった日には、最悪な横二の腕が写って恥ずかしい思いなどしていませんか?

二の腕を鍛える運動は腕立て伏せが一番です。女性がいくら腕立て伏せを頑張ってもムキムキなカチカチ筋肉はできにくいので安心してください。

ダイエットしていく上では、やはり、脂肪を落としながら筋肉をつけることがきれいなボディの作り方としては重要になってきます。

筋肉がなく、ただ脂肪だけが落ちていくやり方のダイエットをすると皮が余ってしまったり、ただ柔らかいお肉が残ったりしてしまう可能性があるのです。

せっかく痩せてもきれいなボディにならなきゃ意味がありませんよね?

(関連記事:ダイエットは寝る前に筋トレやっても大丈夫?)

 

無理なく続けられるおすすめ腕立て伏せのやり方

基本の腕立て伏せは、

  • 床手とつま先をついて体を浮かせる
  • 肘をしっかりまげ、体を深くおろす
  • 床ぎりぎりまでおろして、元に戻す

これ、わたしできません。できる筋力がそもそも腕にありません。

できる人はぜひ基本姿勢で、基本10回3セット程度ひじをついて行う方法ですが、

  1. 床にひじとつま先をついて体を浮かせる
  2. ひじから上の部分を深くおろす
  3. できるところまでのところから元に戻す

これは個人的におすすめです。膝をつく方法で今まで試してみたのですが、少しプランク状態で始まるので体幹が鍛えられます。

膝をつく方法は少し甘えが出てしまって基本姿勢がとりにくいのがデメリットとしてあります。実際鍛えられないと意味がないのでこのひじを付けての腕立て伏せとってもおすすめです。

ここで注意しなければいけないのは、基本姿勢です。お尻は下がらず平行にすると腕はもちろん体幹も鍛えられます。体幹を鍛えられると、基礎代謝が上がるのでダイエットに有効です。

筋トレは休息が必要な運動です。なので、これは1日置き、2日置きにやりましょう。

(関連記事:室内で効果的に脂肪燃焼させる運動ダイエットbest5)

 

酵素先生カナコのまとめ

腕立て伏せは二の腕だけのダイエット効果じゃない。全身に効く筋トレです。

  • 腕、胸、体幹の筋肉も鍛えられる
  • 筋トレすることで、基礎代謝が上がるのでダイエット効果が期待できる
  • ひじをついた腕立てなどで、できる腕立て伏せを見つける
  • ただ痩せるよりも、引き締まったボディが作れる

女性にとって、筋肉はなかなかつきにくいものですが、できるところから筋肉を鍛えることによりダイエットしてきれいなボディーラインを作ることができます。ぜひ腕立て伏せを、ダイエットに取り入れていきましょう。

コメントを残す