ダイエットのための運動【ウォーキング時間編】

ダイエットのための運動ウォーキング時間編】

まずダイエットを始めて運動しようと思ったとき、ウォーキングが一番身近な運動だと思いませんか?ウォーキングは普段も会社へ行くときや、ショッピングにでかけると何気に多く歩いているときありますからね。

これをダイエットのための運動に変えていくには、体重を減らすためのウォーキングについて、時間ややり方について詳しく見ていきましょう。

痩せるためのウォーキング時間

痩せるなら1時間は歩いたほうがいいのが結論。30分とかなら続けられそう・・・なんて思っていますが、30分でもウォーキングのカロリーは約100キロカロリー程度。ご飯一杯にもならないのです。

スナック菓子でいったら、ポテチ10枚も食べたら終わりな消費カロリー。これでダイエットになると思いますか?ダイエットという観点からみたら、1時間以上はウォーキングをすると効果が出ます。

(関連記事:ダイエットで無駄なく痩せる運動の継続時間とは?)

 

ウォーキングでダイエットできるワケとは?

ウォーキングは有酸素運動の一つです。脂肪を燃焼するには一番効果的な運動方法です。ウォーキングと、スローで走るジョギングはあまり燃焼カロリーが変わらず、ひざなどに負担もなく、しかも取り入れやすくて気軽にできます。

ダイエットは運動をどれだけ続けられるかということです。無理なく続けられるウォーキングでダイエットを成功している人はとても多いです。

ウエアもそんなに凝らずに、できるでしょう。ランの場合は、どうしても、胸を揺らさないために専用ブラなどをしなくてはいけませんが、ウォーキングの場合はパット付きの苦しくないブラトップでもよいでしょう。

(関連記事:ダイエットにはウォーキングとランニングどっちがいいの?)

 

ウォーキング時間の取り入れ方

結論でも述べたように、30分じゃ生ぬるい!1時間ウォーキングしなさい!というのは、一気にというわけではありません。

一気にしたら、確かにウエアとかの交換もないですし、楽ですが、分割しても一日中の消費カロリーは変わらないので大丈夫。朝30分ウォーキングして、夜30分ウォーキングするのもOKです。

通勤で30分歩ける距離のひとは、行きと帰りウォーキングすると決めて取り入れてみたりしましょう。主婦などは、自分の好きな隙間時間に行える範囲でこまめに稼ぐのでもいいのです。

スーパーなどへの10分歩くときは、ウォーキングを意識して早歩き大股で、買い物をしてしまうとそれができませんから、他のところへは身軽なうちはウォーキングを意識する事。

アプリなどを入れて、ウォーキング貯金してみてください。1日1時間ウォーキングをすると、大体300キロカロリーは燃やせます。大股で手を振って歩けば、もっとになるでしょう。

毎日続けることができれば、なんと9000キロカロリー消費。余裕で運動によって1キロ減量に成功できるのです。

(関連記事:通勤がダイエットになる?ウォーキングダイエットの効果とは)

 

酵素先生カナコのまとめ

痩せるためなら毎日1時間ウォーキングをする場合のまとめですが、

  • 30分でもいいというのは、生ぬるい理由は消費カロリーが低いから
  • ウォーキングは一気にやらなくても大丈夫!分割してウォーキング貯金をしよう。
  • 1日1時間30日ウォーキングをしたら、確実に1ヵ月1キロ減量には成功します。

どこかへ行ったりすることでカロリーは消費できると思って、積極的にウォーキングしていきましょう。

コメントを残す