ダイエットには寝起きに食事を摂った方が効果あるの?

ダイエットには寝起き食事を摂った方が効果あるの?

ダイエット中だから、朝食は抜いているのですが、なかなか効果が表れません。何故なんでしょう?

朝食分のカロリーが減っているはずなのに・・・。寝起きに食事を摂らないことを続けた方が良いのか、それとも摂った方がいいのか、悩んでいます。

普通に考えたら、朝食を食べなければその分のカロリーは抑えることができるので、ダイエット効果ありそうですよね。

でも、実は寝起きに食事を摂ることが、ダイエットの成功の秘訣なのです。

朝食を抜いているのに「なかなか痩せない!」という場合は、朝食をきちんと摂ることを心がければ一歩前進ですよ。

寝起きに食事を摂る必要性とダイエットの関係

「朝ごはんはきちんと食べましょう。」と小さい頃によく言われていました。でも、自分のスタイルが気になりだし、朝食抜きの生活をしばらく続けてみましたが、なんか体調いまいちだったんですよね。

最近は、きちんと朝食を摂るようになって、朝食の重要性に気づかされました。今は体調が優れないという日はほとんどありません。

私たちの体は、朝体温が低い状態です。その状態の時に、食事を摂るとダイエットに効果的な体温上昇&血流を良くしてくれるのです。

つまり、朝食をしっかり食べることによって、体温アップ、そして脳と内臓の機能をしっかり果たしてくれるのです。

それによって、脳も活発になって勉強や仕事がはかどるのです。そして体も元気に1日めいっぱい頑張れます。

朝食を摂るだけで、ダイエット効果も期待できるし、健康体になれるのですから、一石二鳥と言えますね。

また、寝起きに食事を摂ることによって、体内時計が正常になり、体内時計が正常だと痩せやすい体になるのです。

体内時計を正常にするには、まず寝起きの食事が重要なのです。朝食を摂らないと、体内時計が狂ってしまい、きちんとしたサイクルを保てない体は、どうしても太りやすくなってしまいます。

寝起きは体温が低く、その体温を上昇するのに朝食が重要です。体温上昇によってエネルギーを消費しやすくなって代謝アップ!そしてダイエット効果が期待できるという訳です。

朝食を食べることによって、ダイエットが期待できるということが分かりました。

分かっているけど、寝起きであまり食べたくないし、ずっと朝食抜いてきたから、このままいくわ!という場合は、ちょっと考えてみて下さい。朝食べないのをいいことにお昼にその分を食べていませんか?

そうすると、ダイエットと深く関係のある血糖値が上昇し、脂肪が蓄積されやすい体になってしまい、太りやすい体質になってしまいますよ。

ですから、ダイエットに励んでいる場合で、朝食を摂っていないという場合は、まず寝起きの食事を取り入れてみましょう。

でも中には、朝食を摂っているのに、なかなか痩せない!という場合もいるようです。そういう場合は、食事のバランスが悪く代謝アップに失敗している可能性がありますよ。

(関連記事:ダイエットに効果的な運動のタイミングは?)

バランスの良い朝の食事とは?

一体どういった食事が「バランス良い」と言えるのでしょうね。そもそもバランス良い食事を心がけると、何故ダイエットに影響してくるのでしょう?

バランスの良い食事を摂ることによって、内蔵機能を高めて体内を活性化してくれ、代謝を上げてくれるのです。代謝が上がるということは、エネルギーを消費しやすい体になっている=脂肪燃焼につながってダイエット効果大です。

バランスの良い食事として、野菜やフルーツ、植物性たんぱく質(納豆や豆腐)、乳製品などがあげられます。

食物繊維やビタミンなど、バランスの良いものを500kcal以内で摂ることを心がければ、ナイスバディになれるかもしれませんね。

(関連記事:運動なし・食事制限なしでも痩せるダイエット法とは?)

酵素先生カナコのまとめ

寝起きに食事を摂ることはダイエットにつながるの、のまとめですが、

  • 朝体温が低い状態の時に食事を摂ると、体温を上げて血流を良くしてくれてダイエットにつながる
  • 体内時計を正常にすることもダイエットにつながる
  • バランスの良い食事を心がけることがダイエットにも効果的

ダイエットしているから朝食は食べない!という場合、逆に太りやすい体になっているかもしれませんよ。

きちんと寝起きに食事を摂ることによって、ダイエットも健康も手に入れられますので、早速実践してみましょう。

コメントを残す