ダイエット中の夜食にインスタント食品を食べても大丈夫なの?

ダイエット中の夜食インスタント食品を食べても大丈夫なの?

ダイエット中なのですが、夜遅くまで起きていると嫌でもお腹が空いてきて、手頃なインスタント食品を食べたくて仕方ありません。

でも、インスタント食品って塩分が高かったりカロリーが高かったりで、絶対にダイエット中の夜食に食べたらアウトだと思って食べるのを抑えています。

ダイエット中に限らず、インスタント食品って手軽に食べられるけど、体に悪いイメージがすごく強いですよね。そんなインスタント食品をダイエット中の、しかも夜食に摂っても良いのでしょうか?

できれば食べないほうがいいです。しかし、どうしてもインスタント食品が食べたいのであれば、カロリーが低いものや脂肪燃焼効果のある辛いものを賢く選んで、お腹を満たしてダイエットを成功させましょう。

インスタント食品のメリット、デメリット

スーパーに行くと様々なインスタント食品が並んでいて、料理をする時間がない時やすぐに食べたい時に非常に重宝する存在です。

でも、カロリーや塩分が高いので体に悪影響では、という考えがあるのも事実ですよね。

インスタント食品のメリット

  • すぐに食べることができる
  • 賞味期限が長い
  • 非常食として置いておくことができる
  • カロリーや栄養素がきちんと記載している
  • 手軽に買えて美味しい

インスタント食品のデメリット

  • 濃い味のものが多い
  • 栄養が偏る
  • カロリーが高いものが多い
  • 塩分が多いものが多い
  • 食物繊維を摂りにくい

(関連記事:運動なし・食事制限なしでも痩せるダイエット法とは?)

インスタント食品を選ぶポイント

ダイエット中だけど、遅くまで仕事や趣味で起きている場合、小腹が空いてついついインスタント食品に手が出てしまいます。

そういう場合、やみくもにインスタント食品を食べてしまうのでなく、少しでもダイエットの妨げにならないものを選んでいきたいですね。

ノンフライ麺を選ぶ

ちょっと前から出回っているノンフライ麺は、油で揚げていないので、普通の麺に比べるとカロリーを大幅に抑えることができます。

そして、通常の麺より歯ごたえがあるので、たくさん噛むことによって満腹中枢が刺激され、食べ過ぎてしまう危険性もありません。

辛いインスタント食品を選ぶ

辛い物が苦手じゃなければ、辛めのインスタント食品を選ぶこともダイエットに非常に有効的です。

辛い物と食べることによって、体温が上昇、そして代謝も促進してくれます。そして汗をかくことによって脂肪燃焼効果も期待できるので、ダイエットと肥満予防にも効果があります。

魚介系の物を選ぶ

魚介類に多く含まれる「タウリン」という成分は、脂肪燃焼に大いに働きかけてくれます。
美味しく食べて脂肪燃焼に効果がある魚介類のインスタント食品は、ダイエット中の夜食にはおすすめです。

カロリーを抑えたもの、そして脂肪燃焼効果があるもの、満腹中枢を刺激してくれるもの、それらをきちんと考えて夜食を選ぶ必要があります。

それらを選んだから大丈夫!と安心はしないでください。インスタント食品のスープは、絶対に飲み干さないようにしましょう。

インスタント食品は、塩分が非常に強いので、夜食で摂る際のスープはちょっとの量で我慢しましょう。

(関連記事:ダイエット中の食事は寝る前の何時間あければ良いのか?)

酵素先生カナコのまとめ

ダイエット中の夜食にインスタント食品食べてもいいの?のまとめですが、

  • カロリーの低いもの、脂肪燃焼効果のあるものを選ぶようにしましょう
  • ノンフライ麺、辛いもの、魚介系のインスタント食品を選びましょう
  • インスタント食品のスープは絶対に飲み干してはいけません

夜にお腹が空いて、真っ先に食べたくなるのがインスタント食品ですね。簡単にできてすぐ食べられる便利な存在です。

最近はカロリーを抑えたインスタント食品がたくさん売っているので、ダイエット中の夜食にも一役買ってくれます。ダイエットの妨げにならないインスタント食品選びをしましょうね。

コメントを残す