糖質ダイエットをすると疲れやすいという噂は本当?嘘?

糖質ダイエットをすると疲れやすいという噂は本当?嘘?

糖質ダイエットは痩せられる!と評判のダイエット法ですが、糖質を制限することによって体調に変化は起きないのでしょうか。

きちんと栄養素を取り入れていないと、体のバランスが崩れ不調を訴えてしまう場合もあるので、心配ですよね。

糖質ダイエットをしたからといって、「疲れやすくなる」というのは、真っ赤な嘘です!

きちんとした糖質ダイエットを行っていれば、疲れやすかったり倦怠感という症状は現れません。

きちんとした糖質ダイエットは、糖質のみを制限するものです。

  • カロリー制限はしてはいけない
  • 野菜ばかり食べてはいけない

この2点が糖質ダイエットをする際に重要になってきます。それを頭に入れてきちんとした糖質ダイエットを心がけましょう。

そもそも糖質ダイエットってなに?

糖質ダイエットとは、その名の通り糖質を制限して行うダイエット方法です。ご存知のように、糖質はお菓子や果物ばかりではなく、私たちが毎日食べているご飯やパン、うどんなどの炭水化物にも含まれています。

糖尿病の方が、血糖値を下げるため、糖質制限をするのにご飯やパンなどの主食を抜くということはよくあることです。

ご飯やパンなどの炭水化物は、1日の必要摂取カロリーの大半を占めている食事なので、それを摂らないダイエットは非常に効果的です。

(関連記事:ダイエットは食事制限なしでも問題ないのか?)

糖質ダイエットをして疲れやすいと感じる理由

糖質ダイエットとは、あくまでも糖質だけを制限して痩せるというダイエット法です。ですので、糖質を制限しているのに、摂取カロリーの制限までしてしまうと、エネルギー不足になり栄養失調を起こしてしまう危険性もあります。体に栄養が行き届いていなければ、当然疲れやすい体になってしまいます。

それから、糖質ダイエットをしている時に、野菜ばかりを食べるというのも禁物です。肉や魚などのたんぱく質を摂らなければ、より効果的に痩せられるんじゃないか、と思う人も中にはいます。

でも、脳の栄養分として必要不可欠なブドウ糖は、野菜では補えないのです。ブドウ糖の供給を得るためには、たんぱく質や脂質がどうしても必要になってくるのです。

ブドウ糖の供給が不十分だと低血糖を起こしてしまい、倦怠感に陥ったり疲れやすくなったり、と体調不良を起こす可能性もあります。

(関連記事:炭水化物ダイエットは不眠症やうつ病の原因?)

酵素先生カナコのまとめ

糖質ダイエットをすると疲れやすいのかのまとめですが、

  • 糖質ダイエットは、糖質のみを制限して行いましょう
  • カロリー制限までしてしまうと、体に栄養が行き届かず疲れやすい体になってしまいます
  • たんぱく質を摂らずに野菜ばかりを食べていると、低血糖を起こし疲れやすくなったり体調に支障をきたしてしまいます

糖質ダイエットは、やり方を間違わなければ非常に効果的なダイエット方法です。でも、カロリー制限やたんぱく質を摂らない食事を続けていると、体調が悪くなってダイエットどころじゃなくなってしまいますよ。

きちんとした正しいやり方で糖質ダイエットを取り組んでいきましょう。

コメントを残す