ダイエット中ってなんで汗臭いの?臭いの原因と解決方法を公開

ダイエット中ってなんで汗臭いの?臭いの原因と解決方法を公開

ダイエットに燃えている私、でもダイエットを始めたらなんか自分が汗臭く感じるのです。

ダイエット中に汗の臭いが気になる人が多いのは事実です。きれいになりたいから、ダイエットしているのに・・・汗臭いのではたまったもんじゃありませんよね?

実は汗の臭いが気になるダイエットは、きちんとしたダイエットとは言えません。体にもダメージを与えかねませんので、きちんとしたダイエットをして綺麗な体を目指しましょう。

汗臭いのが気にならないダイエット方法は、

  • 炭水化物を摂らないのではなく摂る量を減らす。
  • 半身浴をする。

この2つが効果的です。

ダイエットするとどうして汗臭いの?

炭水化物を摂取しないダイエットをしている人は、汗臭くなってしまいます。その原因は「ケトン体」という物質によるものです。

そもそも「ケトン体」とは、脳の栄養として必要不可欠なブドウ糖が少なくなってきた時に、肝臓から作り上げられるものです。そして、ケトン体は脳の栄養となるため肝臓では消費できません。

ですから、ダイエットで炭水化物(ブドウ糖)を抜いている状態の時に運動をすると、どうしてもケトン体が増えてしまうのです。ケトン体は、独特の臭いを発する物質で、ケトン体が増えれば、確実に汗臭くなってしまいます。

そして、臭い汗をかくことによって、血液中から水分だけではなくミネラル成分も放出されてしまいます。

つまり汗をかけばかくほど、脂肪燃焼力が低下するので、体に脂肪がたまりやすく、痩せるどころか逆に太ってしまう可能性もあります。

(関連記事:ダイエットと汗って関係ないの?汗をかいて痩せるには?)

正しいダイエット方法

炭水化物ダイエットは、確かに痩せるには効果的なことかもしれません。でも、痩せたはいいが、臭いが気になるのでは本当にダイエットを成功させたとは言えません。

もし、炭水化物ダイエットを心がけるのであれば、まるっきり摂らないのではなく、通常の半分程度の量の炭水化物を摂るようにしましょう。

ダイエットは、基礎代謝を増やすことが一番効果的なので、炭水化物を摂って体温を上げ、体のエネルギーを消費させる方法がベストです。

そして、水分を摂りながら半身浴をすることによって、大量の汗をかき、血中の余分なケトン体を排出することもできます。「汗臭いな」と感じたら、キレイに汗をかける半身浴をしてみましょう。

(関連記事:湯船に正座してお風呂に入るとダイエット効果があるって本当?)

酵素先生カナコのまとめ

ダイエット中の汗臭いのまとめですが、

  • ダイエット中の汗臭さの原因はブドウ糖不足
  • 体臭が気にならないダイエット方法は、炭水化物を摂ることと半身浴が効果的
  • 臭い汗をかくと太りやすい

綺麗に痩せたいのであれば、きちんとしたダイエットをすることが重要です。即効性があるからと言って、炭水化物ダイエットをしていると、汗臭くなってしまうわけです。そのため、体を気にしながらダイエットも行っていきましょう。

コメントを残す