産後寝ながらダイエットする方法は?効果的な2つの方法を公開

産後寝ながらダイエットする方法は?効果的な2つの方法を公開

出産したら痩せると思っていましたが、まるっきり痩せる気配を見せないこの体…。一体いつになったら痩せるのか、でも何もしなかったらきっとこのままの体重なのでは?

ふと危機感に苛まれ、産後の体でも楽に寝ながらダイエットする方法はないのか気になっています。

出産後は、また体が元の状態ではないので、ダイエットするにしても寝ながらできるものが良いですよね?

そこで、産後に寝ながらでもダイエットできてしまう、

  • ポッコリお腹ダイエット
  • たるんだお尻のダイエット

この2つの方法で徐々に出産前の体形に戻れるチャンスです。

でも、なんで出産後は痩せにくいのでしょうね、原因を探っていきましょう。

産後に痩せにくい原因は?

産後ダイエットしても痩せにくい理由は以下の4つが原因なのです。

  • 骨盤の歪み
  • 筋肉量の低下
  • 食べ過ぎ
  • ホルモンバランスの乱れ

それでは詳しく見ていきましょう。

骨盤の歪み

妊娠とともに骨盤周辺の筋肉が緩み、出産時には大きく広がります。広がった骨盤が正しい位置に戻らない状態だと、骨盤周辺の血行が悪くなって、脂肪燃焼がうまくいかず痩せにくくなるのです。

筋肉量の低下

妊娠中は、激しい運動などはできないので、安静にしていることが多いですよね。そのため、産後筋肉量が低下しているお母さんがほとんどで、筋肉量の低下に伴って基礎代謝が下がり、痩せにくい体になってしまいます。

食べ過ぎ

赤ちゃんを生んだばかりのお母さんは、いろいろと不安を抱えているものです。「きちんと育てられるかな。」「なんでこんなに泣くの?」とか、へたをしたら鬱になってしまう状況下にいます。

また、十分な睡眠時間が取れないので、ストレスを感じているお母さんも多いはずです。

思うように身動きのとれないお母さんが、ストレスを発散させるには「食べる」ことが手っ取り早い方法なのです。 ついつい食べ過ぎて太ってしまうということもありますよね。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中に増えていた女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が、産後急激に減少します。ただ、「プロラクチン」という母乳の分泌を促すホルモンの分泌量が代わりに増えることによって、体の中のホルモンバランスの乱れが起きてしまうのです。

ホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れを引き起こすことによって、痩せにくくなることもあります。

(関連記事:産後はなぜホルモンバランスが崩れる?ダイエットはいつやるべきか)

産後に寝ながらダイエット出来る2つの方法

ここでは、産後に寝ながらダイエット出来る、

  • ぽっこりお腹に効くダイエット
  • たるんだお尻のダイエット

と、この2つダイエットをご紹介してきます。

ぽっこりお腹に効くダイエット

まずは、1つ目の産後に寝たままダイエットできてしまう、ぽっこりお腹に効くダイエット方法です。

  1. 仰向けになり膝を立てて、右の足首を上にして、軽く左足に組ませます。楽な位置に手を置いて、首を長くして目線は真上を見ます。
  2. 息を「吸って~吐いて~」をしながら、互いの脚を内腿からぎゅっと押し合うようにくっつけて、膝を90度位にし、テーブルのような形に足を上げます。
  3. 息を「吸って~吐いて~」をしながら、足をゆっくりと下ろします。
  4. 今度は左足首を上にして2~3を行います。

左右の足首を組み換えながら、上げ下げを5~8回続けます。あくまでも目安の回数なので、無理なく行いましょう。

たるんだお尻のダイエット

次は、産後に寝たままダイエットできてしまう、たるんだお尻のダイエット方法を見ていきましょう。

  1. 膝を立てて内腿を意識して足を閉じ仰向けになります。楽な位置に手を置きます。
  2. 肩の力を抜いて前ならえをするように、天井に腕を伸ばし、息を吸って吐きながら少しずつ背骨を床からはがしていくように持ち上げていきます。
  3. 息を吸って吐きながら、浮かせた背中、お尻を背中の上の方からゆっくりと床に付けていきます。

2~3を3~8回続けます。これも目安の回数なので、無理なく行いましょう。

(関連記事:ダイエット中、運動をサボっちゃった!そんな時どうする??)

酵素先生カナコのまとめ

産後に寝ながらダイエットする方法のまとめですが、

  • 産後痩せにくい原因は、骨盤の歪みやホルモンバランスの乱れなどがあげられる
  • 寝ながらできるダイエットを無理なく自分のペースでする

産後、痩せなくて焦るお母さんも多いですが、無理なダイエットは体にとって悪影響です。無理せず、自分のペースでゆっくりと元の体形に戻せるよう頑張っていきましょう。

コメントを残す