ダイエットにお茶は効き目がある?寝る前に飲んでもいいの?

ダイエットお茶は効き目がある?寝る前に飲んでもいいの?

ダイエットは、やり方を間違えると痩せないどころか体調を悪くしかねません。自分の身体に合ったものや健康的に痩せられるような方法を選ぶ事は重要です。カテキンなどお茶に含まれている成分は、脂肪燃焼の効果があるのでダイエットにも利用できると考えられています。

お茶は手軽に利用できますが薬ではないので食事を減らしバランスのとれた食材を摂る事が大切です。お茶はダイエットには良いですが、寝る前に飲むのは控えるべきです。カロリーの心配よりもカフェインなどの成分が睡眠を阻害します。

さらに胃腸を刺激したまま睡眠をすると、胃腸に負担がかかり身体の疲れがとれない場合があります。そのせいであまり眠れずに睡眠不足になる事もあります。

寝る前はお茶でもやめた方がいい?

ダイエットで注意をしなければいけないのは間違ったやり方をする事です。それで身体を壊す例もあります。拒食症や過食症にもつながる場合もあり、無理をする事はやめましょう。

バナナダイエットやゆで卵ダイエットなど一つのものを摂り続けるダイエット方法もありますが、そのようなダイエットは体調を崩しやすいので、やるとしたら相当の準備が必要です。朝食だけバナナやゆで卵を摂っても昼や夜に食べ過ぎてしまってダイエットに失敗する例もあります。

お茶を利用してダイエットする場合も注意をする事があります。お茶は薬ではないのでお茶だけを飲んでもすぐに痩せるようになるわけでもないし、お茶があるから何でも食べても大丈夫だと言うわけではなく、あくまでもバランスのとれた食事を摂ることが大切になります。

お茶の成分にはポリフェノールの一種であるカテキンがあります。これはお茶の苦みや渋みを感じる成分の事で、カテキンには抗酸化作用や抗菌作用がある事はよく知られていますが、他にも血糖値が上昇するのを抑えてくれる効果もあります。

他には、感染症や口臭や虫歯を予防してくれる効果など他にもいろいろあります。カテキンは食事と一緒に摂ると脂肪の吸収を抑えてくれたり脂肪を燃焼しやすくしてくれます。カテキンが体内の酵素を活性化させることでそのような効果が得られると考えられています。

ただし、寝る前にお茶を飲むのは、気をつけなければいけません。お茶の中にはカフェインが多く含まれているものもあります。カフェインは、眠気を覚ます効果があるので寝る前に飲むと眠れなくなってしまいます。お茶にもある程度のカロリーや刺激などがあるものもあります。

寝ている間にも体内は吸収、分解などの働きをしなければいけなくなります。睡眠時間は体内を休ませるためにも水以外のものは控えるようにした方が良いでしょう。

(関連記事:ダイエットにはお茶が効果ある?便秘の解消にも期待が出来るのか?)

酵素先生カナコのまとめ

ダイエットにお茶は効果があるのか、寝る前にお茶を飲んでも問題がないかをまとめますと、

  • お茶にはカテキンが含まれていて、苦みや渋みを感じる成分です。
  • お茶には、脂肪を燃焼しやすくしてくれる効果があります。
  • 寝る前に飲むと眠れなくなったり、内臓が働くので休めないので控えるようにします。

お茶はダイエット薬ではないので、急激に痩せるとかではありません。ご飯と一緒に取る事で脂肪の燃焼をしやすくしてくれる効果が期待出来るという事です。

コメントを残す