ダイエットに最適なのは食事制限?運動?どっち?

ダイエットに最適なのは食事制限運動どっち

究極の選択!あなたがダイエットするなら、食事制限?運動?どちらを選びますか?食べたいものを我慢する食事制限?ジョギングや筋トレなど疲れる運動?果たしてどちらが最適なのでしょうか?

結論からいいますと、食事制限と運動はどっちも最適なのです!

そうダイエットとは、食事制限も、運動もどっちもすることで痩せていくのです。だとしても、どっちかを選ぶなら運動でしょう。そのワケについてみていきましょう。

なぜダイエットには食事制限と運動が必要なのか?

太っている人が、食事制限をしなくてはいけない理由。それは食べすぎです。太っているのはあなたが一日動いているカロリーよりも多くカロリーを摂っているから脂肪に代わり重くなるのです。

運動が必要なワケ。そのカロリーを燃やせることは運動でしかないのです。じっとしているサウナなどで汗をかいても汗が減っているだけで何も脂肪は燃えていません。じっとしているだけではカロリーは燃えないしダイエットにもならないのです。

(関連記事:ダイエットを成功させる秘訣は「酵素+運動」!?)

食べたものが脂肪になるメカニズムを知ると運動したくなる

わたしは、なぜ太っていくのか?ということを理解したときに、運動が一番痩せていくんだなということを実感しました。ぜひ皆さんもこのことが頭の中で理解できるならば「運動しかない!」って思えるはずです。

まず食べたいものを食べて太っていくのは、カロリーって本当においしいじゃないですか。どんどんカロリーを摂っていっても痩せていくからだはこの世に存在しません。それなりのメカニズムで脂肪へと変化していきます。そのカロリーの中でも脂肪へ変わるのが糖質と呼ばれるもの。

炭水化物に多く含まれます。炭水化物などから糖質を摂取したら、それらはブドウ糖にかわります。インスリンが分泌され、ブドウ糖を血管から取り込みます。

そして肝臓や筋肉にあるグリコーゲンに蓄えられます。しかしその貯蔵庫みたいなところがいっぱいになってしまうとそれらは脂肪細胞へ変わってしまうのです。ここが恐ろしいポイント。糖質制限などの食事制限はここからきています。

その脂肪細胞により脂肪が作り出されてしまうのですが、これを効果的に燃やしていくには運動が挙げられます。たとえ食事制限をしても、また元に戻ってしまえば体の中では同じことが起きます。

それよりも、燃やせる体を作っていったほうがリバウンドもしないダイエットができるのです。脂肪が燃える仕組みは、脂肪は酸素を多く取り入れたほうが燃えます。

たき火みたいなものですね。なので、多く酸素を取り入れる運動。つまり有酸素運動により燃やせます。激しすぎる運動は、返って息がきれてしまうのでダメです。

そしてある程度カロリーを消費しないとエネルギー不足と認識してくれないので、20分~30分続けることが肝心なのです。自分の体がエネルギー不足を感じる時に脂肪は燃えている!と考えると運動したくなりませんか?空腹時にするともっと効果的です。

もちろん血糖値が下がりすぎてしまうと、頭痛がしたりしていますので、バナナなどを飲んだり、プロテインを少し飲んでからとかでもOKです。もちろん、食事制限も大事ですが、今ある脂肪を燃やして体力をつけることで、何もしていない時でも燃焼している体を作ることがダイエットにつながるのです。

(関連記事:ダイエットで無駄なく痩せる運動の継続時間とは?)

酵素先生カナコのまとめ

食事制限も、もちろん大事だが、長い目でみると運動のほうが大事をまとめますと、

  • 今ある脂肪を燃やすには運動が効果的
  • 食事制限はずっとは続けられないことが多い

このようにどっちかといえば、運動ができる体を作っていったほうが歳を重ねても健康的な体になることは間違いないので、食事制限だけのダイエットはおすすめしません。

コメントを残す