そのやり方で大丈夫?ダイエットに最適な運動、食事、お風呂の順番

そのやり方で大丈夫?ダイエットに最適な食事、運動、お風呂順番

ダイエットをはじめて、ふと思うこと。「あれ?運動と食事ってどっちが先のほういいんだろう?」こう思うことありますよね。しかも半身浴などをしているなら、その効果も順番が大事なのでは?と、私も何度も考えていろんなことを試してきました。

最適な方法ですがズバリ、食事⇒運動⇒お風呂 の順番が最適です。ただし、これは夜の仕事終わりなどの運動の場合の話です。

ダイエットにおいて食事、運動、お風呂の順番が大切な理由

ダイエットをしていると、効率よく痩せたいと思ってしまいますよね。食事はきちんと取りたいし、運動はどのタイミングが一番痩せるのか?とか、お風呂のデトックスでも痩せたいしといろいろ考えます。
それはリアルに、タイミングが重要だからです。

空腹時の運動はとても効果的に脂肪を燃やしてくれます。しかし、そのあとの食事で一気に血糖値が上がるので、そこで多くのものを食べてしまうと結局は意味がなくなってしまうのです。

逆に、食後の運動は食事でとった糖質を燃やすことにより、脂肪にしないという目的があります。しかし、食事のすぐ後にしてしまうと消化不良を起こすので注意しましょう。

お風呂も運動、食事に関係してきます。食後にすぐの入浴も運動と同じように消化不良を起こしてしまいます。なので、30分経ったあとでないとお風呂には入らないほうがいいのです。

運動後のお風呂も注意しなければなりません。運動後すぐに入るとダメなのです。運動の後の30分は脂肪燃焼している状態になり、それを暖かいお風呂に入ってしまうとそれが減少してしまうのです。なので、汗を拭いて30分休憩した後に入浴しましょう。シャワーならそんなに筋肉を温めないので大丈夫です。

(関連記事:汗をかく運動でキレイにダイエット)

実践して分かった運動、食事、お風呂の順番

この順番に関して注意しながら、実践してみました。

  • お風呂⇒運動⇒食事:お風呂にはいり筋肉を温めてからの効果は期待できますが、お風呂に入ってからの運動はぐったりしてやる気がダウン。湯冷めするのも怖いです。
  • 運動⇒お風呂⇒食事:運動の後の入浴は30分経ってからなので、それからの食事となるとかなり時間帯的に遅くなってしまう。ダイエット効果があるのかが疑問。
  • 食事⇒運動⇒お風呂:食事を早めにとることができ、そのあとの運動により摂取した分の糖質を燃やすイメージで運動。その後ゆっくりお風呂につかることにより良い睡眠へ促すことができる。

夜や夕方に運動するならこの順番が一番しっくりきました。①はお風呂に二回入らないといけないので面倒なデメリットもありますし、②は運動したから食べてしまいたくなる衝動にも駆られます。

③ですが、あとはもう寝るだけという準備になるので最適ですし、しっかりダイエット的な予防策にもなっています。

酵素先生カナコのまとめ

ダイエットに最適な順番は食事⇒運動⇒お風呂の順番です。ただし、注意点としては、

  • 食事後は30分空けてから運動しましょう
  • 運動後のお風呂も入浴する場合は30分おきましょう

この順番なら食事の時間も早くなり、そして程よい疲れをお風呂で癒して熟睡することができます。ぜひこの順番でダイエットに励みましょう。

コメントを残す