肥満妊婦になったら産後のダイエットはいつ始めるべきか?

肥満妊婦になったらイエットはいつ始めるべきか?

肥満妊婦になったら病気になるかもしれないってホント?

女性の大きな仕事の一つに新しい生命を育む事があります。それは、とても素晴らしい事ですが、現実は、女性の身体には大きな負担がかかります。

母体の生命にも影響があるほど妊娠や出産は、身体の変化が大きくなります。

妊娠中は、健康や体重の管理をするものですが、それでも妊娠中の身体の変化やストレスよって、太りすぎてしまう事があります。肥満妊婦になった場合はどうすれば良いのでしょうか。

妊娠中に肥満になると、妊娠高血圧症候群(妊娠中期以後に高血圧、蛋白尿、浮腫のどれかになること)や妊娠糖尿病(糖尿病まではいかないけど血糖値が高めの状態)などにかかる危険があります。

肥満妊婦になったら、食生活の見直しはもちろん、毎日、自分の体重を量って身体の管理もきちんとしなければいけません。

産後のダイエットでも基本は同じです。バランスの摂れた食生活、適度な運動を体調が落ち着く頃の産後一か月後ぐらいまで続けます。

体調が回復をしたら本格的なダイエットを始めるようにします。産後直後は無理なダイエットは体調を崩すので絶対にしてはいけません。

産後のダイエットは身体が元気になってから

妊娠中の太りすぎには、お腹の赤ちゃんのためにも出来るだけ注意するようにしましょう。もし、妊娠する前から太っている場合は尚更意識したほうがいいです。

肥満妊婦の場合は、病気だけではなく、お腹の赤ちゃんにまで影響が出てしまう事もあるので何か対策を取る必要があります。

妊娠中は太りやすくなるので妊娠前と同じように食事を摂るとすぐに肥満になってしまう恐れがあります。

肥満妊婦になるとさまざまな病気が予想されます。腰痛や膝痛などがそうですが、他にも妊娠高血圧症候群があります。昔は妊娠中毒症と呼ばれていました。

妊娠3か月後から出産後数週間に高血圧によってタンパク尿が起きる事があり、これは赤ちゃんにも影響が出る場合があります。

他に、妊娠中に血糖値が高くなる妊娠糖尿病があります。高カロリーのものを食べ過ぎた場合に起きます。

両親や兄弟などの家族が糖尿病に罹っている場合は、糖尿病になる遺伝的体質を抱えているので妊娠糖尿病に罹りやすいと考えられています。

高齢での出産もまたその原因にもなります。病気を防ぐためにもダイエットをする必要がありますが、妊娠中なので、医師の相談をきちんと受けながら体重管理を行います。

食生活の改善は、和食中心が良いとされていて、塩分を摂りすぎないように気をつけます。運動は、無理をせずにウォーキング程度が身体に負担をかけません。

また身体に負担をかけない方法としては、他にマタニティスイミングやマタニティヨガなどもあり、それらは、安産になると考えられています。

ダイエットは、体調が落ち着き始める産後一か月後ぐらいが良いとされています。

妊娠中と同じように食事のカロリーを抑えながら運動をして、育児に影響がなければ本格的なダイエットを進めても問題はありません。

(関連記事:産後ダイエットは酵素が効果的ってホント!?)

酵素先生カナコのまとめ

肥満妊婦になったらどうすれば良いのか、産後のダイエットはいつ始めれば良いのか。

  • 肥満妊婦になるとさまざまな病気の心配があります。
  • 病気は、妊婦高血圧症候群、妊娠糖尿病などがあります。
  • 産後ダイエットは、産後一か月後ぐらいの体調が整った頃が良いとされています。

妊娠中は無理なダイエットは、赤ちゃんにも影響があるので絶対にしてはいけません。医師と相談して食事制限や軽い運動をする事から始めます。

コメントを残す