ダイエットで無駄なく痩せる運動の継続時間とは?

ダイエットで無駄なく痩せる運動の継続時間とは?

運動をすれば痩せると思っている方・・・多いですよね。でも本当は100点満点の答えではないのですよ。運動にもダイエットによい方法というものがあります。知られているようで実は知らないこと人が多いんです。

例えば、運動を行うならどのくらいの時間行うべきなのかなど、ダイエットするためにはこの運動の継続時間が重要なのに詳しく知らない人が多かったりします。

ちなみに効率的にダイエットを行うには20分以上運動を行うことが大切です。

なぜ、20分以上なのかなどの運動の継続時間や、さらにどのような運動を行えばいいのかについても掘り下げてみていきましょう。

運動には種類がある?ダイエットに効果的なのはどっち?

運動にも種類があり「有酸素運動」と「無酸素運動」この二つの種類があるのです。ちなみに、この二つでは、同じ時間行うにしてもダイエットの効果が全く違ってくるのです。

有酸素運動とは酸素を必要とする運動のことで、例えば、ウォーキングやスポーツジムにあるエアロバイクなど長時間行う運動の事を有酸素運動と言います。

この有酸素運動の負担は軽くもできるので持続的にすることが可能です。体内に取り込んだ酸素を使って脂肪などを燃焼させてエネルギーを生み出します。

逆に無酸素運動とは酸素をほとんど必要としない運動のことで、短距離走だったり筋力トレーニングなどのように瞬発的な運動が無酸素運動となります。ちなみに無酸素という文字だからといって、全く呼吸しないというわけではありません。

ちなみに酸素がない分、糖質からエネルギーを生み出してくれるのです。

この二つの運動では有酸素運動が脂肪燃焼に効果的なのでダイエットに効果的なのは有酸素運動となるのです。

有酸素運動の痩せるメカニズムは??

有酸素運動は無酸素運動よりも多くのエネルギーを必要とします。まずは血中のエネルギーを使用します。その後、持続的に運動することで体に蓄えられたエネルギーを使い始めます。つまり脂肪を燃焼してエネルギーにしてくれるのです。エネルギーを使えば使うほど、脂肪を燃焼し続けてくれるのでダイエットにとっても効果的なのです。

有酸素運動ってどんな運動?

有酸素運動がよいと分かった上で、どんな運動があるかを見てみましょう。

  • ランニング
  • ジョギング
  • ウォーキング
  • エアロバイク
  • トランポリン
  • スクワット
  • ヨガ
  • フラダンス
  • フラフープ
  • バランスボール
  • 水泳
  • 縄跳び
  • ラジオ体操
  • エアロビクス

などなどが、有酸素運動となります。

有酸素運動はゆっくりした動きだからこそ、持続することができます。そうすると運動している間中、エネルギーを必要としますので脂肪が燃焼できるということです。

ちなみに普段から行う方法としては、エレベーターではなく階段を使ったり、出来るだけ徒歩で歩くなど少し心がけることで、いつでも有酸素運動を行うことが出来るのです。

では次は気になる運動の継続時間についてみていきましょう。

(関連記事:酵素ダイエットで効果的に痩せる運動って一体何?)

どれくらい運動すればいいの?運動の継続時間について

有酸素運動をすることで、まず使うエネルギーは血液中でしたよね。その後、継続することで脂肪を燃焼するようになるのです。そこで気になるのは運動の継続時間です。

ダイエットするためには脂肪を燃焼させる必要がありますね。「脂肪を燃焼させるには20分以上運動する必要がある」のです。逆に20分以内の継続時間の場合は、血中のエネルギーを使うので健康面を考えればその程度で構いません。

無理をすることは禁物ですし、すぐに辞めてしまっては全く意味がありません。しかし20分以上運動をしなければダイエット効果が得られないのも事実です。そのために軽い運動などで20分以上運動するようにしましょう。

20分以上、有酸素運動をすることでダイエット効果があらわれると言うことをしっかり頭に入れておきましょう。

(関連記事:酵素は運動前と運動後はどっちに飲むべき!?)

酵素先生カナコのまとめ

ダイエットには有酸素運動が効果的ということが、よくわかりましたね。でも無理は絶対に禁物ですよ。

継続しないとダイエット効果は薄いので、無理のない程度に運動の継続時間は20分以上を1つの目安にして頑張りましょう。

コメントを残す