ダイエットにはお茶が効果ある?便秘の解消にも期待が出来るのか

ダイエットにはお茶が効果ある?便秘の解消にも期待が出来るのか

ダイエットを始めるのも続けるのも簡単ではありません。だからこそ普段から健康に気をつける事は大切な事です。

健康のために水分を摂るならお茶が良いと言われています。

昔からお茶は、身体に良いものだとは知られていますが、ダイエットにも効果がある事がわかっています。

お茶に含まれているカテキンなどが脂肪燃焼を手助けする効果があるからです。

便秘の解消に関しては、お茶をある程度、飲み続ける事によって改善が期待されています。

お茶にはカテキンの他にカフェインや食物繊維が含まれていますが、これも便秘の改善に効果がある成分だと考えられています。

だたし、お茶は、薬品ではないのですぐに効果が出るものとは違います。

毎日きちんと摂る事で肥満や便秘の予防にも繋がる事になります。

ダイエットや便秘解消にはお茶をどう飲むか?

お茶には、ポリフェノールやカフェイン、食物繊維などさまざまな成分が含まれています。

ポリフェノールは、動物にはなくて植物に存在する成分で、カテキン、タンニン、フラボノール、イソフラボンなどをひとまとめにした名称の事を言います。

血液中のコレステロールや中性脂肪は、動脈硬化の原因になると言われていますが、ポリフェノールには抗酸化作用がありコレステロールなどを抑える効果があり、他にも生活習慣病の予防にも効果があると言われているのです。

ポリフェノールの中でも抗酸化作用が高く生活習慣病を防いでくれるのがカテキンです。ちなみにカテキンは、緑茶に特に多い事がわかっています。

そして、カテキンは、体脂肪を燃焼する効果がありダイエット効果が期待されます。

お茶には、他にもカフェインや食物繊維などが含まれていますが、カフェインは、コーヒーに含まれている事は有名です。

実はお茶にも含まれていて、覚醒作用があり、眠気を防ぐ事が出来たり集中力が高まる事もわかっています。

さらに、血行も良くなり代謝も高まって体内のエネルギーを消費してくれます。

食物繊維は、脂肪の吸収を抑える働きをしたり、余分な脂肪を排出してくれる働きをします。

しかし、水溶性食物繊維が含まれているお茶でなければ意味がありません。

それは、ゴボウ茶や黒豆茶などです。

お茶の成分のカテキンやカフェイン、ビタミンは便秘に対して効果は確かにありますが、薬ではないのですぐに効果が出るわけではありません。

毎日続けて飲む事でその効果が期待出来るようになります。

便秘解消には、水分補給も大切ですから、毎日、食事の時間やその間にお茶を飲むようにすると良いでしょう。

ただ、お茶は急激の飲みすぎると体調を壊す場合もあるので、適度を考えて摂るようにします。

(関連記事:お茶には美容効果やダイエット効果がある?)

酵素先生カナコのまとめ

ダイエットにお茶は効果があるのか。便秘解消にも期待が出来るかについて、

  • お茶にはポリフェノールやカフェイン、食物繊維などが含まれています。
  • カテキンは緑茶に多く、脂肪燃焼に効果があります。
  • カテキンやカフェイン、ビタミンを摂る事、そして水分補給は便秘解消に効果があります。

お茶は薬ではないのですぐに効果が出るというわけではありません。

毎日きちんと飲み続ける事が大切です。食事中やその間の一服に摂ると良いようです。

コメントを残す