体内で分解・吸収するだけが酵素の役目じゃない?

体内で分解・吸収するだけが酵素の役目じゃない?

酵素ってそもそも何?

酵素とはそもそも何なのでしょうか。最近では、酵素ダイエットが話題になり酵素の名前が知られるようになりました。

しかし、酵素が何をしているものなのかは、あまり知られていません。

酵素は、生物全てが持っているもので消化や代謝などの働きに重要な役割をしています。

酵素と言っても、例えば消化の手助けをする酵素にもいくつもの種類があり役割も違います。

酵素の仕事はたくさんあり、酵素の事をすべて理解することは簡単な事ではありません。

ただ、これだけ人間に取ってもあらゆる生命に取っても大事な働きをしているものです。

それを知っておくことは生きていくうえでも大切な事ではないでしょうか。

酵素はたくさんの役割がありそして働いている

酵素は、あらゆる生物にあるものです。吸収や代謝はもちろん、排せつなどにも重要な働きをしています。

酵素は、タンパク質で出来ていて構成されています。

消化や代謝にいたるまで酵素はさまざまな種類があり同じ酵素とは言いますが、仕事によって酵素は全く違うものと考えても良いでしょう。

人類は、大昔から酵素を利用している事を知っているでしょうか。発酵食品がそうです。

発酵食品は、麹や麦芽などで味噌、醤油、酒を作り出します。発酵は、色々な酵素が大豆などの食物の中にあるタンパク質やアミノ酸やペプチドに分解する事を言います。

酵素ダイエットで使われる酵素ドリンクは、こうして発酵した食物で作られたものです。人間の体内でも酵素は、さまざまな働きをしています。

消化酵素は、よく耳にしたことがあるかもしれません。胃腸薬などで使われているので身近に目にします。消化酵素がなければ食事をしても消化が出来ません。

その消化酵素にもさまざまな種類があります。デンプンを分解するアミラーゼ、タンパク質を分解をするプロテアーゼ、脂肪を分解をするのがリパーゼなどです。

それらは体内で唾液や胃液、膵臓から出る分泌液などさまざまな場所にあり分解、そして吸収などの働きをしています。

他にも代謝のために働く酵素もあります。

このように、酵素の働きは、様々な場所でその用途によって働き方も違う事がわかります。

生命が活動していくうえで裏方となって役目を果たし支えているのが酵素だと言っても良いでしょう。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素先生カナコのまとめ

体内で分解吸収するだけが役目じゃないについて、

  • 酵素はタンパク質で出来ていてあらゆる生物にあり吸収や代謝、排せつなどにも働いています。
  • 発酵食品は、酵素の働きによって食物をタンパク質やアミノ酸などに分解する事です。
  • 体内には消化のために働く酵素や代謝のために働く酵素があります。

酵素は、生命がその活動を維持するためにはなくてはならないものです。

体内にある酵素は、栄養を分解、吸収するための手伝いを行う重要な役割します。

エネルギーを働かせたり代謝を促すためにも重要な役割をします。他にも発酵や洗剤、医療などにも利用されています。

コメントを残す