牛乳のカルシウムを吸収する酵素が少ない?

牛乳のカルシウム吸収する酵素が少ない?

牛乳ではカルシウムが摂れにくいってホント?

カルシウムと言えば思い出すのは多くの人は牛乳ではないでしょうか。牛乳を飲めば背が伸びると昔から言われてきました。

カルシウムは骨や歯を作り出すために必要だというぐらいは知られていますが、カルシウムが不足すると動脈硬化や腫瘍など様々な病気を引き起こす可能性がある事はあまり知られていないかもしれません。

カルシウムは、私たちの身体に取って大事な栄養です。そして、日本人はカルシウムが常に不足だとも言われています。

だからこそカルシウムが豊富に含まれている牛乳が推奨されてきました。

しかし、日本人には牛乳の中の乳糖を分解する酵素が足りないためにカルシウムを吸収しにくいと言われています。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのはそのためです。

カルシウムをしっかり摂る方法はある?

カルシウムはミネラルのひとつですが、ミネラルは体内では作られないので食べ物などでしっかりと摂る必要があります。

カルシウムは、そのほとんどは骨や歯の生成のために作られます。

その他には、心筋の収縮や血液凝固の働き、ホルモンの分泌の手助けや酵素の働きを支えたりなど、あまり知られていませんがとても重要な働きをしています。

日本人はカルシウムが常に不足していると問題になっています。カルシウムが不足してしまうと、骨粗鬆症や骨の成長の遅れ、骨や歯が弱くなるなどします。

さらに高血圧や動脈硬化にも影響を与える事がわかっています。カルシウムをしっかりと摂るために牛乳は昔から飲むように勧められて来ました。

長年、学校でも牛乳が給食として出されてきたのもカルシウムをはじめとする栄養が豊富だからです。

しかし、日本人は、牛乳からカルシウムを摂る事が苦手だと言われています。牛乳の中の乳糖を分解する酵素が少ないからです。

赤ちゃんの頃は、乳糖分解酵素、それをラクターゼと言いますが、分解する酵素を持ち合わせていましたが大人になるとその量が減ってしまいます。

うまく分解、吸収が出来ない為に牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなったり下痢などになります。

それを乳糖不耐(にゅうとうふたい)といいます。それは、病気ではないのでそれほど心配する事はありませんが、お腹が痛くなるのなら飲みたくないと思うものです。

でも牛乳は栄養豊富なのでどうせなら飲める方が良いでしょう。

酵素が少なくても乳糖は、大腸の腸内菌によって分解され吸収されることが分かっています。

そのためには腸内環境を良くしておく必要があります。

お腹を壊さないように牛乳を飲むには、牛乳を温かくして飲んだり、時間をかけて飲むと腸内の負担が減ります。

牛乳以外にも乳製品、例えばチーズやヨーグルトを摂るのも良いでしょう。

大豆や魚からもカルシウムは摂れます。緑葉野菜にもカルシウムが含まれています。

バランスの取れた食事をする事はカルシウムを摂るためにも大切なことです。

(関連記事:牛乳の栄養は吸収できない?酵素との関係は?)

酵素先生カナコのまとめ

まとめますと、

  • カルシウムは、骨や歯を作るためや心筋収縮、血液凝固などのためにも働いています。
  • 乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が少ないために牛乳を飲むとお腹を壊す場合があります。
  • 大腸で乳糖を吸収することも出来るので腸内を整えておくことによって分解、吸収が出来ます。

牛乳はお手軽に利用できますが無理してそれでカルシウムを摂る必要はもちろんありません。

他の食品などでカルシウムをしっかり摂るようにも出来ます。カルシウムは、摂り過ぎにも注意をしなければいけません。

コメントを残す