牛乳の栄養は吸収できない?酵素との関係は?

牛乳の栄養は吸収できない?酵素との関係は?

牛乳は、学校で給食に利用されているのはもちろん、シリアルフードをはじめ牛乳が含まれている食品などは、周りにたくさんあります。

牛乳は、私たちの普段の生活に取って切り離せないものとなっています。ただ、牛乳が苦手な人も珍しくはありません。

牛乳アレルギーではなくて、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなったり下痢になる事があります。

日本人は、牛乳を分解する酵素が少ないためにカルシウムを始めとする栄養を吸収しにくいのでお腹が痛くなったりゴロゴロしたりする場合があると考えられています。

それでは、牛乳を飲むことは無意味なのでしょうか。小腸で吸収出来なかった乳糖は、大腸にある乳酸菌、ビフィズス菌が多ければ、分解、吸収してくれる事がわかっています。

乳糖を分解する酵素が少なくても、飲み方をうまく工夫をして牛乳を摂るようにする事でお腹を壊さずにすむように出来ます。

牛乳は栄養豊富だから飲んだ方が良い?

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる事があります。

その原因のひとつに牛乳に含まれている栄養を分解する酵素が少ないために、体内に吸収する事が出来ずにいることで起こると考えられています。

牛乳には、乳糖と言う糖がありそれを分解するためには主に乳糖分解酵素(ラクターゼ)が必要になります。

しかし、ラクターゼは、赤ちゃんの時期には十分にありましたが大人になるとそれが減ってしまう事がわかっています。

乳糖は、母乳や牛乳など哺乳類に含まれている糖です。栄養としての役割だけではなく、カルシウムや鉄分を吸収する手助けをしたり整腸作用などもあります。

その乳糖をうまく分解、吸収が出来ないとお腹がゴロゴロしたり痛んだり下痢になったりします。それを乳糖不耐(にゅうとうふたい)と言います。

しかし、最近は、乳糖不耐が原因という考え方よりも腸内細菌の影響が大きいと考えられています。

小腸の乳糖分解酵素で分解されなかった乳糖は、大腸の有用腸内細胞が多い場合は、腸内で分解されて体内に必要な物質となって吸収されます。

牛乳の栄養はカルシウムだけではありません。タンパク質や脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなどの栄養が豊富に含まれています。

ですから、アレルギーでもなくお腹がゴロゴロするかどうか不安というだけなら飲むことをお薦めします。

牛乳でお腹の調子を悪くしないように飲む方法には、いくつかあります。牛乳を温めて時間をかけて飲むようにします。

温める事で腸の負担が減ります。他には、毎日繰り返し飲み続けて腸内を馴染ませるようにする事です。

それでもダメな場合は、牛乳以外の乳製品を取るようにします。乳糖不耐が起こりにくく腸内の負担も減らすことが出来ます。

ただ気をつけなければいけないのは、牛乳アレルギーと混同しないことです。アレルギーの場合は、牛乳を摂る事は控えるようにしなければいけません。

(関連記事:ファスティング中は酵素ドリンクと牛乳は一緒に取ってはだめ?)

酵素先生カナコのまとめ

まとめますと、

  • お腹がゴロゴロするのは、体内に牛乳を分解する酵素が少ないからです。
  • 牛乳を飲んでお腹が調子悪くなることを乳糖不耐といいます。
  • 酵素だけではなく大腸でも乳糖を分解、吸収を出来る事がわかっています。

牛乳を分解する酵素が少ないために、お腹の調子が悪くなることがありますが、温めたりゆっくり飲むなどをすればそんな心配もなくなるようになります。

コメントを残す