酵素は分解や吸収にどんな関係があるの?

酵素分解吸収にどんな関係があるの?

酵素は食べた物を分解して吸収するためにある?

酵素ダイエットは、酵素ドリンクなどの健康食品と食事制限を組み合わせたダイエット方法です。

酵素ドリンクは、野菜やフルーツなどを発酵させて作り出します。

酵素そのものを摂るのではなく、体内の酵素を増やすための野菜やフルーツのエキス、酵母を摂るようにします。

そもそも酵素とは何なのでしょうか。そして、食べ物の分解や吸収に対して体内でどんな働きをするのでしょうか。

酵素には、食べた物の栄養を分解や消化を行い吸収するための手助けをしている消化酵素が存在します。

そして、この消化酵素があることで何かご飯を食べた時に食べ物を分解して体内に吸収される役割を果たしてくれるのです。

ちなみに食事の後に胃もたれや眠くなったりするのは、この消化酵素が少なくなる事が原因だったりします。

ただ、体内で作られる酵素は1日の生産量が決まっているため無駄使いは危険なのです。

そのため消化酵素を補てんするためにも酵素ドリンクを飲んで、食べ物を分解して吸収する役割を補ってもらうことが大切なのです。

酵素はタンパク質や脂質を分解して体内に吸収している?

体内の酵素の働きには大きく分けて消化と代謝があります。酵素は、タンパク質の一種で化学変化を早めるための触媒としての仕事を主にしています。

食べた物が身体に入ってきた時に酵素は、タンパク質や脂質を分解して体内に吸収出来るように働きます。

消化をする酵素には、多数の種類があります。唾液には、アミラーゼ、リパーゼなどの消化酵素があって、脂質や糖質を分解してくれます。

胃には、ペプシンというタンパク質分解酵素があり、他にも唾液と同様にリパーゼ、つまり脂肪分解酵素があります。

唾液では少量しか分泌されませんが、胃や腸で大きな働きをするために多く分泌されます。他にも膵臓や腸内で酵素が大切な仕事をしています。

膵臓(すいぞう)の働きは、胃で消化された食べ物が十二指腸に入ると、そこからの連絡によって膵臓から消化酵素を含む膵液が出て十二指腸まで運ぶことになります。

膵液(すいえき)は、食べたものをさらに分解したり、酸性の食べ物を中和したりする事もしています。このように酵素は、体内のいたるところでさまざまな働きをしています。

酵素ダイエットは、体内の酵素を作り出すために必要な栄養を摂りいれるために酵素ドリンク、または酵素サプリなどを使って行います。

置き換えなどの食事制限を一緒に行う事でダイエット効果を得ることが出来ます。

酵素ドリンクには、ミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養が含まれておりダイエットでの身体の負担が軽減をする事が出来ます。

体内酵素をしっかり活性化することで腸内の酵素もしっかりと働き、老廃物などの排出を行う事が出来ます。

そして、基礎代謝も高まり健康的な身体が実現出来るようになります。酵素は、目に見えるものでも味がするものでもないので何をしているのか普段は、あまり意識する事はありません。

酵素は、生命が生きていくうえでなくてはならないもので、体内の縁の下の力持ちと言っても良いでしょう。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素先生カナコのまとめ

まとめますと、

  • 酵素は、タンパク質や脂質を分解して体内に吸収出来るように手助けをしています。
  • 消化酵素は、唾液や胃や膵臓などにあり、食べた物を消化、分解をする働きをしています。
  • 体内の酵素を活性化させることで、代謝が高まる事が期待出来ます。

酵素は、色々な形で生命活動のためになくてはならない仕事をしています。

しかし、それほど役割について知られていないので誤解などが出てくるようです。

コメントを残す