酵素ダイエットで悪玉コレステロールを減らせる?

便秘、便通、お尻、腹痛2

酵素ダイエットで悪玉コレステロールを減らせる?

年齢が毎年加算されるのは、現実の問題として避けようがありません。そして、食生活や生活が荒れると身体全体がおかしくなり始めます。

加齢や栄養の取りすぎの結果、悪玉コレステロールが血管に溜りやすくなります。

血管に悪玉コレステロールが増えすぎると動脈硬化になるリスクが高くなり生命にも関ってしまうかもしれません。

そうならないためには、普段の生活や食生活の改善が必要になります。それには、酵素ダイエットが最適です。

食事を制限すること、そして酵素ドリンクなどを使ってダイエットを進めるやり方です。

過剰な栄養を減らしビタミンやミネラルなどを吸収することによって体内の悪玉コレステロールを減らすことが出来ます。無駄なものを外にだし健康を取り戻すようにします。

悪玉コレステロールを減らすには生活の改善が必要?

悩む、考える5

コレステロールは、肝臓で作られる脂質の一種です。脂質は人間が生きていくうえでなくてはならない栄養素のひとつです。

コレステロールも身体にとって必要なもので細胞を覆う膜を作りだしています。ほかにも食事の消化に関わっている胆汁やホルモンの元になったりもしています。

血液中のコレステロールが少なくなると、細胞膜や血管壁が弱くなり壊れる可能性があります。

このことから、コレステロールは、善玉と悪玉の両方のバランスをきちんと保ってることが大事だということがわかって来ました。

コレステロールには、善玉のHDLコレステロール、悪玉のLDLコレステロールがあります。善玉は、それぞれの臓器で必要のなくなったコレステロールを肝臓に運ぶ働きをします。

悪玉は、肝臓で作られたコレステロールを身体中の細胞に運ぶ仕事をします。悪玉が多すぎると血液壁にコレステロールは残り、それが動脈硬化の原因となる場合があります。

血液の詰まりは痛みがあるわけではないので知らないうちに悪化していることが珍しくなく、心筋梗塞や脳梗塞を引きおこした結果、生命を失う事にもなりかねません。

悪玉コレステロールを下げるには、食生活や日常生活を規則正しくすることが最も適切で最も効果的です。

悪玉を減らすには、ダイエットも効果的です。酵素ダイエットで食事の制限とともに必要な栄養を酵素ドリンクで補給をします。

酵素ドリンクは、野菜や果物、海藻などを酵させて作られた健康食品です。ビタミンやミネラルが身体の代謝のために働いてくれます。

酵素ダイエットをきちんと毎日続けていればコレステロールも安定するでしょう。

(関連記事:酵素ドリンクでコレステロール押さえて血液サラサラへ改善)

酵素先生カナコのまとめ

酵素ダイエットは悪玉コレステロールに効くのかについて、

  • コレステロールは、肝臓で作られた脂質の一種です。
  • 善玉コレステロールと悪玉コレステロールはそれぞれの役割があります。
  • 悪玉が増えると動脈硬化の危険があります。
  • 悪玉コレステロールを減らすには、食生活と生活習慣の改善が基本です。

食生活の改善は、酵素ダイエットと組み合わせるとさらに効果が出るでしょう。食事の量を少しづつ減らし続けて行えば効果的な減量も期待出来ます。

コメントを残す