アミノ酸と酵素はどんな関係があるのか?

悩む、考える10

アミノ酸酵素はどんな関係があるのか?

アミノ酸で酵素はできている?

アミノ酸の名前を度々耳にしたことがあるかもしれません。アミノ酸ダイエットなどが有名です。

料理にもアミノ酸という言葉が出てきますが、出汁やスープの成分として含まれていることがわかります。そもそもアミノ酸とは何なのでしょうか。

アミノ酸が20種類結合して出来たものがタンパク質です。酵素は、たんぱく質のひとつですが、消化酵素は身体に入ってきたタンパク質を分解してアミノ酸に分解して体内に吸収をします。

酵素がないとタンパク質からアミノ酸は摂れませんし、アミノ酸がないと酵素は存在出来ないという、面白い関係にあります。

たんぱく質がアミノ酸で、アミノ酸がタンパク質で?

野菜、ドリンク

酵素ダイエットは、酵素ドリンクなどの酵素食品を使ってダイエットをする方法です。酵素ドリンクは新鮮な野菜、フルーツ、海藻などを発酵させて作り上げたエキスで出来ています。

酵素ダイエットは、酵素をそのまま摂ると思われがちですが、実は違います。酵素はタンパク質で出来ているので体内に入ると消化酵素によってタンパク質は、アミノ酸に分解されてしまいます。

それによって酵素ダイエットには効果がないという指摘がありました。しかし、酵素ドリンクは発酵させた健康食品です。

発酵食品は、酵母菌によって作られた食品でうまみ成分が含まれていて糖分やアミノ酸などがあります。そもそも酵素とはなんでしょうか。

酵素はすべての生き物にあって生きていくうえで欠かせないものです。食べ物を消化するための酵素や体内で働く基礎代謝や代謝酵素などさまざまなものがあります。

酵素が働いてくれないと全てが動くことが出来ないほど大切な役目を担っています。代謝を上げるためには、体内の酵素を活性化してもらう必要があります。

酵素ドリンクでは酵素そものを摂ることよりも、発酵食品の栄養を体内に摂り込むことで体内の酵素を働かせることが目的です。

ただ、食べたものでも胃酸で消えない酵素もあり、その種類によっては色々な働きがあることを知っておきましょう。

酵素は、たんぱく質の一つで出来ていて、そのタンパク質は20種類のアミノ酸で構成されて形作られています。

アミノ酸が酵素を作っていると言ってもいいのでアミノ酸がなければ酵素は存在できません。筋肉や血管、内臓もタンパク質で出来ています。やはり20種類のアミノ酸で構成されています。

食べた物質は、消化酵素によってアミノ酸に分解されます。そして体内でアミノ酸から酵素が作られます。タンパク質とアミノ酸は、切っても切れない関係があることがわかります。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素先生カナコのまとめ

アミノ酸とタンパク質の関係について、

  • 酵素ダイエットで使う酵素ドリンクは、発酵食品です。
  • 酵素は、タンパク質の一つでアミノ酸によって構成されています
  • 体内に入ったタンパク質は、消化酵素によってアミノ酸に分解されます。

酵素やアミノ酸といってもそれぞれの働きによっても違います。

しかし、人間の身体にとってなくてはならないもです。アミノ酸がなければ酵素もなく、酵素がなければアミノ酸に分解することが出来ない、密接な関係にあります。

ちなみにですが、様々な酵素ドリンクを飲んできた酵素先生カナコがオススメする最もダイエットに効果的な酵素ドリンクはこちらです。

→ 1番ダイエット効果が期待できる酵素ドリンクはこちら

 

コメントを残す