生酵素とは?普通の酵素と何が違うの!?

野菜01

生酵素とは?普通の酵素と何が違うの!?

生酵素と酵素って違うの同じなの?

酵素ダイエットは、手作りのものや市販の酵素ドリンク、酵素サプリメント、そして生酵素などを使って食事制限と組み合わせて行うダイエットです。

酵素食品には、さまざまなものがあります。その中に生酵素と呼ばれるものがありますが、生酵素とは、いったいどんなものを指すのでしょうか。

手作りではない市販の酵素ドリンクは、食品衛生法で清涼飲料水に分類されます。これは加熱処理をして殺菌することを義務付けられていることを意味しています。

そして生酵素はですが。これは、できる限り加熱処理をしないで栄養が壊されないように作り出されたものが生酵素と呼ばれるものです。

それでは、どの酵素商品を使えばいいのでしょうか。これは簡単な問題で、自分に合った商品を選ぶことです。

それぞれ栄養や成分が違います。自分の身体に何が必要かを知った上で何を使ってダイエットをするか決めましょう。

酵素と生酵素どっちを選らばいいの?

悩む、考える5

酵素ダイエットの基本は、酵素ドリンクなどと食事制限を合わせて行うダイエットです。方法には色々ありますが、そのひとつに一日のうち一食だけを抜いて進めるやり方があります。

朝に野菜ジュースだけを飲むのと同じようにそれを酵素ドリンクやサプリメント、生酵素にかえてダイエットを続けます。体重を落とすだけはなくて体質の改善を目指すことも出来ます。

週末だけや三日間だけ何も食べずに、ご飯を食べる時間に酵素食品を摂るだけです。それを進めることで、内臓を休めて身体の中の老廃物を排出することが出来て体質の改善の効果が出ます。

酵素食品には、さまざまなものがあります。手作りで作る酵素ドリンクがありますが、その時は雑菌などで失敗することもあるので、時間と手間かがかることを避けたい場合は、市販のものが良いでしょう。

酵素ドリンクは、さまざまな種類があり栄養もそれぞれ違いがあって個性もあります。

酵素サプリメントのカプセルタイプは、持ち運びが簡単でいつでも飲める手軽さがあります。カプセルにも生酵素と謳っているものがあります。

その生酵素には、ペーストタイプなどの種類もあります。加熱処理をしていないので栄養が壊れていないことが特徴ですが、生酵素が良いのか酵素ドリンクが良いのか悩む場合は、その用途によって選ぶようにしましょう。

酵素ドリンクは、吸収が良いのでプチ断食に向いています。また、カプセルタイプは、携帯が出来ることや味を気にすることなく飲めることが出来ます。

生酵素タイプでしか摂れない栄養もあるので自分の健康のために何が良いのかを見極めて選択をしましょう。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素先生カナコのまとめ

まとめますと、

  • 酵素と生酵素との最大の違い違いは、生酵素は熱処理をされていないので熱に弱い栄養がしっかりと含まれていることです。
  • 酵素ダイエットには、食事制限をする方法があります。プチ断食にはドリンクタイプがより効果的です。
  • 酵素ドリンクや生酵素にはそれぞれに特徴があります。自分に合ったものを選ぶようにします。

酵素と生酵素の違いは、栄養成分の違いです。自分の身体に足りないものや必要なものを選んでダイエットに使うと良いのではないでしょうか。

コメントを残す