唾液の中の酵素でストレスがわかる?

叫ぶ、痛み

唾液の中の酵素ストレスがわかる?

唾液でストレスがわかるってホント?

唾液は、当たり前のようにあるので普段は特に考えることはありませんが、とても大切な働きをしていて、なくてはならないものです。

唾液は消化を助ける役割や口の中を浄化する働きがあり、唾液中には、アミラーゼという酵素があります。アミラーゼの分泌が多くても少なくても体内に何らかの変調が起きていることを表しています。

血液中に唾液中の酵素のアミラーゼが高くなってしまうのは、膵炎などが原因です。他にも唾液のアミラーゼを測定することでストレスのチェックが出来ます。

ストレスは目に見えるわけではないので、限界が来てもわからないことがほとんです。健康に生きていくためにも自分のストレスがどれくらいあるのか知ることは、とても意味があることではないでしょうか。

アミラーゼで病気やストレスがわかる?

悩む、考える8

唾液にはどんなイメージがあるでしょうか。思いつくのは、唾液があるから口の中が乾かないとか梅干しなどの酸っぱいものを見るだけで口の中に涎がたまるくらいかもしれません。

身近すぎて唾液の役割がいったい何なのかを考えることは少ないのではないでしょうか。唾液の役割にはさまざまあります。

口の中をきれいにする自浄作用、口から入ってくる細菌から身体を守る働きです。

口は最初の消化器官で、アミラーゼという酵素があり、それが消化の手助けをします。歯の保護にも唾液は大切な働きをしています。ガムを噛むと唾液が出るのでそれでガムは、歯にも良いと言われています。

主に唾液や膵臓に消化酵素、アミラーゼはあります。食べたデンプンを糖にかえる働きをしています。血液中にアミラーゼが高くなると、膵炎や膵臓ガンなど膵臓に何かしらの影響があるせいだと考えられます。

アミラーゼが低い場合は、ただ体調がよくないせいもありますが、慢性膵炎や糖尿病などが心配されます。膵炎の初期は、アミラーゼの数値は高まります。

しかし、慢性化すると数値は、低くなります。アミラーゼの異常は、ほとんどが膵臓の異常で起きます。そうならないためには、アルコールを控える、脂肪を取りすぎない、甘いものや刺激の強いものは食べないようにするなどを心がけましょう。

そして、唾液のアミラーゼを測定することでストレスをチェックすることが出来ます。ストレスによって交感神経が興奮します。そうすると酵素のアミラーゼが活性化します。

それでストレスが高まったかどうか数値化されて自分のストレスがどの程度かわかるようになります。2014年から労働安全衛生法が改正されて一部の事業場のストレスチェックが義務化されました。

現代はストレス社会とも言われるほど、ストレスは、生きていくうえで見過ごすとは出来ない身体への負担です。

普段から自分がどれくらいストレスが溜まってることを知れば、リラックス方法もかわり、快適な生活を送れるようになるはずです。

(関連記事:舌の汚れを取るには酵素がいいってホント?)

酵素先生カナコのまとめ

唾液の中の酵素とストレスについて、

  • 唾液は、自浄作用や細菌から身を守ること、そして消化を手助けする働きがあります。
  • 血液中のアミラーゼが高くなったり低くなったりするのは、膵臓に何らかの炎症が考えられます。
  • ストレスチェックを唾液のアミラーゼを測定することでわかるようになります。

唾液に含まれている消化酵素アミラーゼはストレスを測定が出来て、血液中のアミラーゼで膵臓の症状がわかります。心身の予防のためにも、そういった検査はとても大切なことです。

ちなみにですが、様々な酵素ドリンクを飲んできた酵素先生カナコがオススメする最もダイエットに効果的な酵素ドリンクはこちらです。

→ 1番ダイエット効果が期待できる酵素ドリンクはこちら

 

コメントを残す