酵素ダイエットで動悸やめまいが出るのは危険信号!?

ダメ2

酵素ダイエットで動悸やめまいが出るのは危険信号!?

無理せずファスティングを

ダイエットを進めるうえで大切なのは、長く続けることと体調を崩さないようにすることです。

酵素ダイエットには、少し軽めの置き換えや断食に近いファスティングなど食事を摂らないダイエットのやり方があります。

しかし、ファスティングは、そのやり方を間違えると動悸やたちくらみなど体調がおかしくなることがあります。

それは食事制限による水分不足や低血糖の可能性もあるので、ここで無理をせずに中断をした方が良いでしょう。

ダイエットを失敗しないためには、動悸やめまいなどが起こる前に酵素ドリンクを増やしてファスティングを進めるようにすることも可能です。

ある程度は慣れでもあります。どれくらいが限界かを知ってダイエットを進めることはとても大切なことです。

自分の身体をしっかり知って酵素ダイエットを

運動2

身体の健康のためにも、ある程度の年齢になるとダイエットは欠かせません。多くの人は、食事と運動に気を使わなければならなくなります。

中高年になると空気を吸っているだけで太るともいわれるほど代謝も落ちてしまいます。肥満は、全ての病気の始まりとも言われるように高血圧や糖尿病などの生活習慣病になり、最悪の場合は、死にもつながります。

そうならないためにも普段の生活習慣や食事が大切になります。しかし、現代人は忙しい日常生活があり、さらにおいしい食べ物が周りに溢れています。

なかなか規則正しい生活が送れないので、やはりダイエットを必要としてしまいます。酵素ダイエットでは、酵素ドリンクやサプリなどの種類があり、それぞれ自分に合ったものを選びます。

最初は栄養の補充をするつもりから始めても問題ありません。体調が万全になった時に初めてダイエットをすると身体を壊さずにうまく減量ができるはずです。

置き換えなどの、一食だけ抜いてそのかわり酵素ドリンクを飲むやり方は、ダイエットとしても気軽に出来るのでそれで身体を慣らすといいでしょう。

置き換えが順調に進んだら次にファスティングに進みます。もちろん無理して進まずに置き換えのままでもかまいません。老廃物の排出や体質改善を目指すためにはファスティングは必要不可欠です。

ファスティングは短期間の断食です。その期間は、酵素ドリンクで栄養を補給して体内の酵素を元気に働かせます。準備期間をしっかりとって酵素ドリンクを飲みながら進めますが、やはり身体には負担がかかります。

その時に限界が近くなるとめまいや動悸、手足の震えなどが起きます。水分不足や低血糖などが原因として考えられます。無理をせずにここで中断をして体調を戻すことが身体にとっても良いことです。

ファスティングを進める場合は、めまいや動悸などに至る前に酵素ドリンクを追加して飲むなどして身体の負担を減らすことがダイエットに最も大切なことです。

(関連記事:酵素ダイエットで副作用は出るのか?)

酵素先生カナコのまとめ

酵素ダイエットで、めまいや動悸がおこった場合について、

  • ある程度の年齢になったら健康に気を配ったりダイエットを考えましょう。
  • ダイエットは無理をせずにゆっくり段階を踏んで進むと身体にも負担がかかりません。
  • めまいや動機が起こったらファスティングの中止を。酵素ドリンクを飲む量を増やすことで体調の不調を防げばファスティングはうまくいくはずです。

置き換えやファスティングは、食事制限をするやり方です。

だからこそ無理をしすぎないように気をつけてダイエットを進めることが求められます。体調を崩しては全く意味がありません。

ちなみにですが、様々な酵素ドリンクを飲んできた酵素先生カナコがオススメする最もダイエットに効果的な酵素ドリンクはこちらです。

→ 1番ダイエット効果が期待できる酵素ドリンクはこちら

 

コメントを残す