猫の口内炎はどうして起こるの?酵素で治るの?

f36c375c339f1212cceb122fdb9d0808_s

口内炎はどうして起こるの?酵素で治るの?

猫の口内炎は大変?

犬や猫などの動物を飼っていて最も困る事は、動物の病気ではないでしょうか。軽い病から重病まで色々あります。そして治療費も馬鹿になりません。

なるべくは予防や早期治療を考えて一緒に暮らすのが飼い主の役目でしょう。口内炎は、人と同じように猫もかかる病です。

生きて生活をしていくためには、食事をしなければいけまんせんが、それが出来なくなると、ますます体調を崩ししてしまうことになります。

口内炎は、原因不明のものもあり猫にとっては深刻な症状です。

治療のためには、歯磨きや抗生剤に効果が見込めない場合は、猫の口内炎には酵素が効果的だと考えられています。

酵素商品はペット用にもあるので、それを使って口内炎や体調の改善をすれば、猫の健康にもつながるでしょう。

普段の食生活で口内炎から守りましょう

af0221eeb3d3af90d97b6fb08a7de1be_s

口内炎は、口の中の歯茎や舌に起こる炎症のことです。

人の口内炎は痛くてもだいたい数日でおさまることが多いようですが、猫の口内炎は重症にになると命にかかわる問題にもなりかねないので特に注意をする必要があります。

初期症状としては口臭、猫が自分の口元に違和感が出来るために口元を気にするようになります。歯茎や口の中が赤くなることや涎が止まらなくなります。

猫の口内炎には、系統性口内炎と潰瘍性口内炎とに分けることが出来ます。系統性は、他の病気によって引き起こされる短期間の口内炎です。

潰瘍性は、原因不明のもので潰瘍が出来る慢性の口内炎です。潰瘍性口内炎は深刻な病です。

口の奥の方から歯茎や口の中全体まで潰瘍が出来ます。当然、ひどい痛みが起きてしまうので、食べることも出来なくなります。

口内炎の治療方法もそれぞれ違ます。系統性口内炎は、元々の病気を治すことが重要です。それさえすれば口内炎も自然に消えることになります。

潰瘍性の場合は、ほとんどの場合が原因不明なことが多く、細胞診や猫免疫不全、歯石、栄養不良、感染症など、いくつかの症状が重なって発病すると考えられています。

治療方法としては、抗生剤の投薬です。それでも治らない時は、歯を抜かなければいけません。歯磨きをいくら続けても薬で免疫力を上げても効果がないと考えられています。

予防対策として期待出来るのが酵素です。猫は野菜を必要としないので摂ることをしません。ハチミツなどの酵素が口内炎を改善出来ることも期待されます。

市販のペット用の酵素商品もあるのでそれを利用するのも良いでしょう。栄養のしっかりした食事を摂ることで体内の酵素を活性化して代謝や免疫力を高めます。口内炎の治癒も出来て、さらに普段からの予防にも繋がります。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素先生カナコのまとめ

猫の口内炎について酵素の効果は、

  • 猫の口内炎は、系統性口内炎、潰瘍性口内炎などがあります。
  • 系統性は自然に治ることが多く潰瘍性口内炎は原因不明で治りにくい。
  • 市販のペット用の酵素商品もあるのでそれを利用して口内炎を改善をします。

動物は病気になっても喋るわけではないので、その苦痛はわかりにくいものです。

普段からの予防の為にも酵素を取り入れた食事を与えるなどをすると口内炎の予防もなります。>

コメントを残す