酵素ダイエットをしても酵素で胃酸が分解されて意味がない?

腸内環境

酵素ダイエットをしても酵素で胃酸が分解されて意味がない?

胃酸に分解されても大丈夫?

酵素ダイエットは、体内の代謝酵素を活性化することで、減量や体質改善を期待できるダイエット方法です。

しかし、酵素は、体内に入ると胃酸で分解されてしまうので、摂ることは意味がないとも言われますが、本当にそうなのでしょうか。

しかし、実際に効果を感じている人もいます、それはなぜなのでしょうか。酵素ドリンクは、どういう効果があるのでしょうか。

酵素ドリンクは、新鮮な野菜や果物などを発酵させた飲み物です。

酵素だけを摂り入れることが主な目的ではなく、必要な栄養素とともに消化器官の負担を和らげることが重要な目的です。

体内の代謝酵素を活性化させることで、新陳代謝も良くなって身体も若々しく感じられるようになります。

酵素は胃酸で分解して働かなく酵素もありますが、酵素の中では胃酸よって働かなかったものでも腸で働く酵素もあります。

酵素って身体で何をしてくれるんでしょう?

健康ドリンク

酵素を体内に取り込むと、胃酸で分解されて意味がなくなってしまうと言う指摘があります。

失活という酵素としての働きをしなくなってしまうということです。確かに胃酸で多くのものは分解されて、働かなく酵素も出てきます。

胃酸が主に消化するのはタンパク質や脂質ですが、そこで消化、分解されずに腸で働く酵素もあることがわかっています。

食物酵素を摂っても意味がないのかというと、食物酵素は、口に入る前に、すでに働いていて消化を手助する枠割をしています。

他にも食物酵素は、他の栄養素に影響を与えてさまざまな反応を起します。栄養素の強化、さらに新しい栄養やエネルギーを作り出すこともします。

吸収された栄養などは、代謝機能を活性化させる酵素を働かせることになります。

そして、新陳代謝が促進されて健康的な体質改善が期待できるようになります。

酵素ダイエットでよく利用されるのが酵素ドリンクですが、野菜やフルーツなどで作られた発酵食品なので、そもそも酵素だけを摂りいれるものではありあせん。

ただ市販のものはさまざまなものがあるので一概には言えませんが。

酵素ドリンクを摂ることで栄養素が体内の酵素に働きかけることで、代謝機能を活性化することが出来て、効果を感じようになるのではないでしょうか。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素先生カナコのまとめ

酵素は胃酸で分解するかどうか、

  • 酵素は胃酸で分解されるものもありますが、分解されない酵素もあります。
  • 食物酵素は、体内に入り他の栄養素にさまざまな影響を与えます。栄養素の強化などがそうです。

酵素ドリンクは、消化機能の負担を抑えて、栄養素は代謝機能に働きかけて代謝を高める効果が期待されています。

酵素と一口に言ってもたくさんの種類があり役目も違います。必要な酵素の役割を知っていることも健康になる第一歩かもしれません。

コメントを残す