酵素はうつ病にどんな影響や効果があるのか?

悩む、考える12

酵素うつ病にどんな影響や効果があるのか?

酵素は、うつ病にどんな影響を与えているか?

現代は食生活の乱れや運動不足、大きなストレスで身体的にも精神的にも大きな負担がかかっていると言われています。

特に今の時代、心の病は身近な問題となっています。うつ病もここ数年、急増しています。

うつ病には、酵素もなんらかの効果があると考えられていますが、それはどういった所なんでしょうか。

食生活や運動によってうつ病の改善が期待できることが分かっています。

酵素を使った食事制限でも、うつ病の予防が期待されているのも事実です。

しかし、うつ病は、きちんと医師の指示に従って治療をすることが大切です。

無理をせずに体調を良くしていく必要があります。それは、ダイエットでもいえることです。

酵素が身体にしてくれることは

野菜、ドリンク

酵素を使ってダイエット、体質改善をするためには、酵素食品を使った酵素ドリンクを作るのが一般的で人気です。

市販のものもありますし、サプリメントなどもあります。

酵素は、人の体内の中にもあって、簡単に分けると、消化酵素と代謝酵素があります。

食べたものを消化する消化酵素は、唾液や胃液、膵液など、さまざまな役割があって消化の協力をしています。

消化酵素によって分解、吸収をされた栄養をエネルギーとして身体全体に運ぶ役割をしているのが代謝酵素です。

代謝酵素は、生きるために体内で重要なはたらきをしています。運動すること脳が思考することや呼吸、血をきれいにすること、さらには老廃物の排出、新陳代謝などです。

うつ病は、自分でも原因がわからない長い苦しい思いがつづくことで、脳に何かトラブルが起きることによってひき起こされるものだと考えられています。

気持ちを切りかえて頑張ろう、では、治る病気ではありません。医師による治療が必要とする病気です。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素で心も身体もスッキリできるか?

運動3

うつ病を改善するためには、バランスの取れた食生活や生活習慣をきちとすることが基本です。

うつ病改善に期待されいてる栄養は、たんぱく質や鉄分、亜鉛、酵素など、まだ他にもあります。

摂るのを控えるべきなのはジャンクフードで、脂質も摂りすぎには良くないと考えられています。

納豆や豚肉、大豆、昆布、レバー、ほうれん草、貝類などが良いと言われています。

酵素を使った体質改善は、うつ病の予防にも期待が持たれています。

ファスティングは、プチ断食とも言われているように、短期間に断食をおこないます。

内臓を休ませることができることで、代謝機能の向上が期待できます。

そうすることでデトックス効果にもつながり身体に溜まっていた毒素や宿便などの老廃物を排出することができます。

内臓機能の安定は、自律神経の安定につながります。

(関連記事:酵素ダイエットのメニューで大切な事とは!?)

酵素先生カナコのまとめ

酵素は、うつ病にどんな影響を与えるのか、

  • 酵素ドリンクは、代謝機能の向上によって体質改善が期待できます。
  • うつ病は医師の診察をしっかり受けましょう。
  • 代謝機能を上げることで、自律神経やホルモンバランが安定します。

うつ病は、脳に何かしらの影響があって起きるものです。医師の治療を受けましょう。

うつ病の予防には、栄養バランスのとれた食生活と日頃の運動が大切です。

酵素先生カナコがオススメする体に安心な完全無添加で作られた酵素ドリンクはこちら

コメントを残す