ダイエットに最適な酵素って食材は何を使っているの?

野菜2

ダイエットに最適な酵素って食材は何を使っているの?

酵素の食材にはどんなものを使っているの?

今回はダイエットによく使われる酵素ドリンクや酵素サプリの、酵素に使われている食材についてお伝えしていきます。

酵素ダイエットは、酵素食品を利用して減量や体質改善を目指せるダイエット方法です。

酵素食品は酵素や栄養が多く含まれた食材をドリンク状にしたものです。

それは、朝に飲んで栄養補給として使ったりしている人もいますし、本格的なダイエットのために使われたりもしています。

酵素食品の食材は、いったいに何を使っているでしょうか。

酵素ダイエットにはさまざまな食材が使われています。手作りのものから市販のものまで種類もたくさんあります。

酵素をたっぷり含まれている食材は、野菜や果物、発酵食品などが多いと言われています。

食材のどれを選ぶか、どれが効果的なのかを考えて使いましょう。

食材の中の酵素って何?

サラダ、野菜

酵素とは、いきものが生きるうえで欠かせない栄養素です。酵素には、私たちの体内にある潜在酵素と食べ物の中にある食物酵素があります。

潜在酵素には大きくわけて二つあり、消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素は食べたものを消化するための役割をします。

消化の助けをすることによって、食べた物は分解されて、吸収されます。

吸収された栄誉をエネルギーとして細胞の隅々まで届ける役割をしているのが代謝酵素です。

身体をうごかすためには、代謝酵素が仕事をしてくれないと生きることはできないほどです。

代謝酵素のはたらきが促進すれば新陳代謝が高まります。

そうなると身体は、太りにくい身体にもなり疲労回復、病気にもなりにくいなど、酵素ダイエットの目的の大きな一つが新陳代謝の促進と言えます。

食べ物の中にも酵素があり、それを食物酵素といいます。酵素があるということは、食べ物そのものが消化しやすい状態になっているということです。

食物酵素は、食べ物の中にある他の栄養素に反応をして、栄養素をもっとパワーのあるものにします。

新しい栄養素を作り出して、体内に吸収されることによって健康な身体になれます。

(関連記事:酵素ドリンクとは!?酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素がたくさん含まれている食材をとりましょう

2730c9da4c20bd81ce80bdb23c4a5d34_s

食材にも酵素が含まれています。特に多いと言われているのが、新鮮な野菜やフルーツ、発酵食品などです。

酵素は50℃以上の熱に弱くて破壊されてしまうので、過熱をされた料理で酵素を摂るというのは残念ながら難しいです。

ですから、酵素を摂るためには、生で新鮮な食材を摂ることにしなければいけません。

大根やブロッコリー、レタス、キャベツ、ニンジン、ピーマンなどおなじみの野菜ですが、生で摂る必要があります。

フルーツはキウイ、パパイヤ、マンゴー、バナナなどです。どれも新鮮で生で食べるとおいしいものです。

発酵食品とは、酵母や細菌などのたくさんの微生物がもっている酵素で発酵させたものです。

納豆や漬物、塩麹、味噌などがそうです。

酵素ダイエットで、酵素がたっぷり含まれた食材を摂ることで、ダイエットや体質改善ができます。

(関連記事:ダイエットに酵素が効果があるのは嘘?)

酵素先生カナコのまとめ

酵素ダイエットで使う食材とは

  • 酵素がたくさん含まれている食材は、野菜やフルーツそして発酵食品です。
  • 酵素は熱に弱いので新鮮で生の食材を摂るのが理想的です。
  • 酵素食材で作った酵素ドリンクは、酵素や栄養が多く含まれています。

酵素が含まれている食材をきちんと摂ることで、しっかりとした栄養を摂ることができます。

体内の代謝酵素を活性化することで新陳代謝を促し、健康的にそして、美容にも効果が出るのが酵素ダイエットです。

コメントを残す