ダイエットで苦しい停滞期に酵素ダイエットで乗り切る方法

叫ぶ、痛み

ダイエットで苦しい停滞期酵素ダイエットで乗り切る方法

ダイエット中の停滞期には酵素…?

ダイエットは苦しくて大変な面もあります。体重が順調に減っていれば嬉しくて無理までして頑張ってしまうこともあるでしょう。

もちろん、無理はいけません。しかし、ダイエットでは良く起こることですが、同じことをしてるいるのに体重が落ちない時期があります。

いわゆる停滞期です。それは、なぜ起きるのでしょうか、そして解決方法はないのでしょうか?

ダイエット中に減量が停滞期に入るのには、理由がいくつかあります。

まず、我慢できずに食事や間食をしてしまうことです。これでは何も意味がありません。

停滞期は、体重維持とリバウンドの避けるることが重要で、次に停滞期から脱出することを考える必要があります。

それに最も有効なのが酵素ダイエットなのです。

停滞期ってなぜおこるのでしょうか?

悩む、考える12

ダイエットをすると誰も経験するのが停滞期です。順調に進んでいたのに、ある時、突然体重が減りにくくなることです。

あれだけうまくいってたと思ってたのに、食事を減らしても運動をしてもあまり体重が変わらなくなります。

身体が自分の体重が減ることに危機を感じて、これ以上脂肪を落とさないようにするために停滞期が訪れるといいます。

元の体重の5%減ると停滞期になると考えられています。

「ホメオスタシス機能」をご存知ですか?人間が生きるためには、環境や食べ物に合わせて体温や血液などの調整をします。

寒い時に震えたりすることや暑い時に汗をかくこともそれだと言います。

つまり、体重が落ちると異常だと判断をして体重が落ちにくくなってしまうのです。停滞期は個人差はありますが、2週間から1ヶ月は続くとも考えられています。

(関連記事:酵素の置き換えダイエットがリバウンドしない?しやすい?)

停滞期がきたら、酵素ダイエットをためそう

YUKA160322230I9A4320_TP_V

ダイエットをおこなっていると、ある時期から体重に変化がおきなくなります。

どれだけ食事を減らしても運動をしても、今までような効果がでなくなります。

それを停滞期をいいます。そこでダイエットを諦めてしまうと、リバウンドをしてしまったり太ってしまうことも考えられます。

停滞期から抜け出すためには、ダイエットそのものを見直すことも大切です。

無理なダイエットはしないことはもちろんですが、停滞期のことを予測しておいてダイエットの計画をすることも必要です。

そこで利用したいのが、酵素ダイエットです。停滞期を乗り切るために、酵素ドリンクなどで必要な分の栄養を摂りながら食事制限をします。

体重を維持しながら体質改善を目指します。

太りにくい身体と健康面や美容がアップした頃に停滞期から抜けて、再びダイエットを進めます。

大切なのは、停滞期にあきらめず続けることが大切だということです。

(関連記事:酵素ダイエット中でも間食はやってもいいの?)

酵素先生カナコのまとめ

ダイエット中、停滞期が来たらどうすればいいか、

  • 停滞期は、体重が減ることで、身体が異常だと感じてこれ以上体重が落ちないようにするためにおこります。
  • ホメオスタシス機能は、環境や食べ物がかわっても身体は環境にあわせて体調を調整します。
  • 酵素ダイエットを利用することで、リバウンドにならないようにします。

停滞期になってしまうとダイエットをあきらめてしまう人もいます。

せっかく始めたダイエットですが、途中でやめてしまうとリバウンドの要因にもなります。

ダイエットはつづけてこそ結果がでるものですから、諦めずにつづけるようにしましょう。

ちなみにですが、様々な酵素ドリンクを飲んできた酵素先生カナコがオススメする最もダイエットに効果的な酵素ドリンクはこちらです。

→ 1番ダイエット効果が期待できる酵素ドリンクはこちら

 

コメントを残す