ダイエットで酵素を取るなら食べ物は何を食べるべき?

野菜2

ダイエット酵素を取るなら食べ物は何を食べるべき?

どんなものを食べれば酵素が増える?

食べ物の中には、酵素が含まれていて、それを食物酵素といいます。

野菜や果物、そして発酵食品に特に多くの酵素が含まれています。

酵素を使ったダイエットは食物酵素を摂るこによっておこないますが、ただ摂ればダイエットがうまくいくとはかぎりません。

実は、酵素を摂るには、生野菜や果物が良いのですが、酵素は熱に弱いのでそれぞれ生で食べるようにすることが大切です。

そうすると、体内の消化酵素に負担がかからずにすむので、基礎代謝が高まります。

そうすると、血液がきれいになったり脂肪分解など身体の新陳代謝がよくなります。

つまりダイエットの効果に一役になってくれるというわけです。

酵素があるから私たちは、元気になれる?

運動3

人間の体内には消費酵素と代謝酵素があります。食べた物を消化するために大きな役割をするのが消化酵素です。

これがなければ食べた物を消化することはできません。

そして、消化した栄養を身体中に運び出すことをするのが代謝酵素の大きな役割になります。

もう一つの酵素は食物酵素です。特に野菜や果物に多いと言われています。食物酵素が多く含まれている食べ物を食べると体内の消化酵素をそれほど使わないで良くなります。

その分を代謝酵素にまわすことができるからです。体内の酵素は、一日で作られる量が決まっているので、酵素が足りなくなると代謝酵素に影響が出てしまいます。

代謝酵素が活性化されると身体の基礎代謝があがって内臓から皮膚、髪の毛に至るまで、改善されてくるので健康的できれいになるには代謝酵素が本当に重要なんです。

(関連記事:酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素がたっぷり入っているおいしい食べ物をいただきましょう

フルーツ、果物

私たち現代人は、酵素が不足していると言われています。食べ物に熱を通したものが多いことも原因のひとつだと言われています。

そして、酵素は体内で作られる量が決まっていますが、歳を取ると作る量がさらに減ってきます。

酵素を多く含む食べ物を摂ることで体内の消費酵素を抑えることができて、その分を代謝酵素に回すことができます。

酵素ダイエットを行うときは、酵素を多く含む食品を新鮮なままたっぷり摂りいれることがポイントです。

そうすれば代謝が活性化され新陳代謝が高まり若々しくいられるようになります。

ダイエットをする場合は手軽に摂れる生ジュースにすると良いでしょう。

(関連記事:酵素の美味しい効果アップするオススメの飲み方)

酵素先生カナコのまとめ

酵素ダイエットをするときにどんな食べ物を食べればいいのか

  • 酵素は野菜や果物に多く含まれているので積極的に摂るといいでしょう。
  • 酵素は熱に弱いので生で摂ることで、より多くの代謝酵素を活性化できるようになります。
  • 酵素ダイエットをする場合は、野菜や果物を新鮮なうちに生ジュースにすると良いでしょう。

酵素不足だと言われている現代人。新鮮な野菜や果物、発酵食品を摂ると言われています。

健康できれいにいられるためには、積極的に摂るようにした方が良いでしょう。

酵素先生カナコがオススメする栄養価が高い完全無添加で作られた酵素ドリンクはこちら

コメントを残す