酵素ダイエットには意味がないってホントなの?

ダメ4

酵素ダイエットには意味がないってホントなの?

酵素ダイエットは意味がないものなの?

ダイエットブームになると、そのダイエット方法の信ぴょう性、つまり本当に効果があるのか疑問視されることはたびたびあります。

酵素ダイエットについても度々そのことについて指摘されることがありますが、効果は嘘なのでしょうか。

効果がでているという例は間違いなんでしょうか。

酵素ダイエットは酵素ドリンクなどを摂りいれて行われるダイエットですが、酵素はタンパク質なので胃の中で失活すると言われています。

失活とは、胃酸で化学反応おこって活性が失われて反応をしなくなることです。

酵素ドリンクが造られる過程で高熱処理をするので、その時点で酵素は死滅しているということです。

しかし、酵素食品は酵素ドリンクは体内酵素を増やすための栄養が入っている飲み物で体に大事な役割をしていることは間違いありません。

酵素ダイエットとはなんなのか?

野菜、ドリンク

酵素は、数多くの種類がありますが知っておくべき酵素は、食物酵素、消化酵素、代謝酵素でしょう。

食物酵素は野菜や果物に多く含まれています。消化酵素は、炭水化物やタンパク質を体内に吸収するはたらきをしています。

代謝酵素は、消化酵素によって吸収された栄養をエネルギーに変えるはたらきをして、新陳代謝の促進やケガなど自然に治る力を高めたり血液をきれいにしたり脂肪を分解などをします。

体内で作られる酵素はきまっていて年齢を重ねるごとにその量は減るので、酵素を摂りいれることは私たちの健康や生きていくためにとても大切なものです。

酵素ダイエットは、身体の酵素を増やすことで健康にも気を使いながらきれいにやせるためのダイエット法です。

(関連記事:酵素の仕組みやメリット・デメリット)

酵素ダイエットをどうすれば効果的になるのか

悩む、考える5

酵素ダイエットには意味がないという考えがあります。酵素は熱に弱く熱処理されている酵素ドリンクは効果がないという指摘もされています。

実際に市販の酵素ドリンクには酵素が入っていないとメーカーも公言しているところもあります。

ほとんどが発酵エキスなどだということです。しかし、酵素ドリンクを飲む事で、体内の消費酵素を抑えることができて、結果的に代謝酵素を活性化できることがわかっています。

代謝効果が高まるということは、新陳代謝を促進することで、血液をつくったり心臓を動かすことも皮膚をつくることなどもそうですが、生きていくために必要なすべの役割をしています。

免疫力を高めたり病気にならない身体を作ってくれるのも代謝酵素の仕事です。

酵素をうまく利用してダイエットをすることは、身体や健康にとって大事な役割をすることは間違いないようです。

(関連記事:酵素ダイエットはどんな原理で痩せるの!?)

酵素先生カナコのまとめ

酵素ダイエットに意味がないかどうかは、

  • 酵素は人にとって生きていくうえでは、なくてはならない栄養素です。
  • 市販の酵素ドリンクには酵素が入っていないものがあります。体内の酵素を活性化するための手助けとして酵素ドリンクはあります。
  • 酵素ダイエットは誤解されている部分もあるので、何が身体に必要かを考えて取りいれるといいでしょう。

酵素ダイエットは、体内にある代謝酵素を活性化させて、基礎代謝を増やして、やせやすい身体をつくるダイエット法です。

人の体内の酵素、消化酵素や代謝酵素をうまく利用しておこなうことが酵素ダイエットにとって大切なことです。

酵素先生カナコがオススメする栄養価が高い完全無添加で作られた酵素ドリンクはこちら

コメントを残す