ダイエットに欠かせない酵素!気になるその味とは?

健康ドリンク

ダイエットに欠かせない酵素!気になるそのとは?

今話題の酵素。色々な種類の酵素がありますが、味は様々で美味しいものもあれば「ウェぇぇぇ~」って思ってしまう味もあります。

色んな栄養素が含まれていて、ダイエットに最適ってことは味もおいしくない?と思われる方が多いと思います。

そもそも酵素はどうやって作られているのか?それを知れば「酵素=マズそう」という概念はなくなるはずです。

それに最後にご紹介しています酵素ドリンクはアセロラジュースのような味でサッパリしていてついもう一杯と飲んでしまうほどに美味しかったりします。

酵素の原材料ってそもそも何??作り方は??

野菜

酵素ドリンクの種類のよって原材料は違います。

例えば“ベルタ酵素”なら

ザクロ、 キダチアロエ、ドクダミ、ハチミツ、高麗人参、ウメ、アマチャズル、アマドコロ、オオバコ、オトギリソウ、カンゾウ、クマザサ、タンポポの根、ツユクサ、ツルナ、トチュウ葉、ハト麦、ハブ草、マツ葉、ヤマイモ、レイシ、アカメガシワ、タマネギ外皮、サラシア、イチジクの葉、イチョウ葉、エゾウコギ、カキの葉、カミツレ、カリン、キキョウ根、キンカン、クコの実、クコ葉、クワ葉、シソ葉、ショウガ、エビス草、エンメイソウ、センシンレン、スギナ、セッコツボク、トウガラシ、ナツメ、ニンドウ、ビワ葉、ベニバナ、ミカンの皮、メグスリの木、モモの葉、モロヘイヤ、ラカンカ、レンセンソウ、田七人参、アンズ、イチジク、グレープフルーツ、パイナップル、ブドウ、ミカン、メロン、リンゴ、レモン、コンブ、シイタケ、フノリ、キャベツ、ゴボウ、タマネギ、ニンジン、ニンニク、パセリ、モヤシ、ラッキョウ、アムラの実、イチイの実、イボナシツヅラフジ、ツボクサ、トゥシー、キャッツクロー、ハッショウマメ、ムイラプアマ(地上部)、ルイボス、紅参、ウコン、ナンテンの葉、昆布、わかめ、のり、ローズマリー、カツアバ、カルケージャ、紫イペ、スギナ、シャペウ・デ・コウロ、パタ・デ・ヴァカ、パフィア、レモングラス、アニス、マテ、ステビア、ガラナ、パッションフラワー、ぺトラ・ウメ・カー、キャッツクロー、シナモン、ショウガ、ハトムギ、ヤーコン(葉)、アマチャズル、グローブ、ガジュツ、マカ、レンコン、ごぼう、玄米、オートミール、とうもろこし、大麦、えんどう豆、小豆、ジャロ・フェイジョン豆、紫フェイジョン豆、胡麻、ミレット、大豆、丸小麦、ライ麦、黒フェイジョン豆、エジプト豆、レンズ豆、オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、メロン、アボガド、ドライプルーン、アセロラ、レモン、レーズン、マンゴー、スターフルーツ、スイカ、カシューナッツ、パラナッツ、クビュー、キウイフルーツ、洋なし、クプアス、アサイー、アラサボイ、ジェニパブ、グラビオーラ、タペレバ、カムカム、じゃがいも、カボチャ、キャッサバ、トマト、コウベマンテイガ、ピーマン、赤カブ、ヤーコン、アボボラ
出典:http://belta-shop.jp/user_data/item-details.php

ご覧いただいても解るとおり数十種類もの原材料があります。一つ一つ見てみても、漢方薬にも使われている薬草だったり、果物だったり、体にいいものばかりです。

酵素は熱に弱いため、加熱されるとたんぱく質が変形し、酵素ではなくなってしまいます。そのため酵素ドリンクは生野菜・生果物・発酵食で作られます。

酵素ドリンクはどうしても販売の規定上、殺菌消毒しなければならないので、野菜や果物などの食物を酵母菌などで発酵させた、発酵エキスを原液としています。

生酵素が飲みたいという方には手作りがオススメです。なぜ酵素ドリンクがおいしいのか?酵素を作る手順をみればわかります!!

酵素を作るにはまず材料と同じ量の白砂糖を準備します。材料→白砂糖→材料→白砂糖と何層にも重ね10日程発酵させて完成です。

たっぷりの白砂糖を使っているので、完成後は甘い酵素ジュースになります。カロリーも高めですがそれ以上に栄養素がたっぷり含まれています。

(関連記事:甘いけどカロリーって多いの!?

おいしい酵素の選び方

5c1e17eb1c4aa1d60566e200851965f9_s

酵素ドリンクの中でも味は様々。おいしくないものももちろんあり、おいしくない酵素ドリンクでダイエットするよりは、おいしいもので楽しくダイエットを成功したいものです。

中でも1番お勧めしたいのがベジタ酵素。何度も試験を繰り返し、改良を重ね、原液でもさらっと飲みやすいアセロラジュースのような味の酵素ドリンクです。

味を良くするために添加物が入っているのでは?と気にされる方にオススメなのが優光泉

無添加なのに味もおいしく、産後の方にもオススメです。

でもやっぱり売られているものは少し抵抗があるという方には、自家製生酵素ドリンクがオススメです。手間は少しかかりますが、生きた酵素を作ってみるのも、楽しくダイエットできる過程の一つです。

(関連記事:酵素ドリンクを美味しく効果アップさせる飲み方とは

手作り酵素の生酵素のメリット・デメリット

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

メリットはなんといっても低コスト。又、生の酵素を飲めるのも魅力的です。

加熱処理がされていないため、より酵素の良さを実感できるのが最大のメリットです。

又、自分の好みの味にできるのも魅力的。果物単品でもできますし、数種類を組み合わせてもOK!!苦手な野菜などで試してみても、酵素ドリンクでなら飲めるといった声も多く聞かれます。

デメリットは、工程が少し面倒だと感じる方も多いと思います。

又、市販の酵素ドリンクでは先ほどもご紹介した通り、数十種類の果物や野菜が含まれていますが、手作りだとこれらの種類の材料を集めることは容易ではありません。

材料の種類が多ければ多いほど酵素の種類も増えるといわれていますから、手作りでは再現が難しいといえます。

(関連記事:酵素は胃酸で死んじゃうため効果は無いって本当?
 

酵素先生カナコのまとめ

手作り酵素での味は自らで保証できますが、市販の酵素でも味の改良は進められていて、今現在は飲みやすいものがとても増えてきています。

色々試してみて自分に合う酵素ドリンクを見つけるのもダイエットの楽しみですね。

酵素先生カナコがオススメする味も飲みやすくダイエット効果がある酵素ドリンクはこちら

コメントを残す