酵素ドリンクで蓄膿症改善!?蓄膿症になる5つの原因と対策方法

SAYA160105202992_TP_V

酵素ドリンク蓄膿症改善効果的!?

緑色っぽい鼻水が出てきたり鼻づまりが続いた後に頭痛がするなどの経験がありませんか?それは蓄膿症の可能性が高いです。

蓄膿症は早期に対象することで治りは早いのですが放置をすることでひどくなるため注意が必要です。

やっかいな蓄膿症には酵素ドリンクによる腸内環境の働きによって予防への促進が見込めるのです。

そこで具体的にどのような仕組みで効果が見込めるのかについてみていきましょう。

蓄膿症の原因ってなに?

はてな1
蓄膿症とは顔の下にある空洞に、膿(うみ)が溜まる症状の事です。

主な症状としましては鼻水や鼻づまりだけではなく頭痛があったり口臭がきつくなったりもします。

また症状が少し悪化することで歯が痛くなったり目にも痛みが広がるケースもあるのです。

さらに1度、蓄膿症になってしまうと再発しやすいとも言われていて嫌な症状なのです。

蓄膿症になる主な原因としましてはこちらの5つになります。

  • 風邪、インフルエンザ
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • 虫歯
  • 鼻のかみ過ぎ

そうなのです、意外と知られていないのですが虫歯も蓄膿症の原因になるのです。

また蓄膿症は放置をしておくと大変危険ですのでまずは蓄膿症になる原因につきまして順に詳しく見ていきましょう。

風邪、インフルエンザ

風邪やインフルエンザになってしまうと体は体内のウイルスや細菌を追い出すために鼻水やくしゃみをします、その際にウイルスや細菌が副鼻腔に入り炎症を起こして、蓄膿症になってしまうのです。

特に、黄色い鼻水が出ているときには急性副鼻腔炎の可能性が高くさらに放置していると蓄膿症へと発展してしまいます。

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎と花粉症の理由は実は似た理由になるのです。

ハウスダストや花粉などのアレルギーによってクシャミや鼻水が出てしまいますよね、この時に出る鼻水が副鼻腔に溜まってしまい蓄膿症になるのが原因なのです。

また風邪とは違い慢性化しやすく蓄膿症の再発が起こりやすいため注意が必要です。

虫歯

虫歯の中でも、上の歯の虫歯は注意が必要です。

鼻に近い上の歯の虫歯を放置しておくことで虫歯菌がどんどん鼻へと侵入をしてしまい歯の根っこや、歯茎から、細菌が副鼻腔うことで蓄膿症に発展するのです。

また稀に抜歯の際に細菌があるようですが抜歯をするからといって放置をしておくのはキケンですのですぐに相談をされてください。

鼻のかみ過ぎ

これも意外かもしれませんが強く鼻をかむことで副鼻腔に勢いで鼻水が入ってしまい蓄膿症へと発展してしまうのです。

ですので風邪を引いたときなどは強くチーンと噛むのではなく優しく噛むようにしましょう。

蓄膿症は悪化すると命にもかかわってくる病気で、実際にお笑いタレントの松嶋尚美さんも急性の蓄膿症が原因で過去に緊急入院をしており手術手前の症状だったことをブログでも書かれていました。

手術をしないといけなくなる前に酵素ドリンクで対策をしてしっかりと予防を行っていきましょう。

なぜ酵素ドリンクが蓄膿症に効果的なのか?

4642d78ec24848e2aef4b34e831d918f_s
蓄膿症の中の原因の「風邪、インフルエンザ」と「アレルギー性鼻炎・花粉症」こちらの原因改善に酵素ドリンクが力を発揮してくれるのです。

風邪になったりアレルギーや花粉症になる原因は免疫力が低下しているためかかってしまうのです。

そこで酵素ドリンクによる消化酵素の働きにより腸内環境を整えてあげることで免疫力がアップして蓄膿症になる原因の風邪やアレルギー性鼻炎に花粉症の予防になるため関節的に蓄膿症対策につながるのです。

また酵素ドリンクと合わせて蓄膿症予防に効果的なのがうがいと手洗いです。

蓄膿症予防には風邪を引かないようにすることが最も重要ですので風邪を引かないようにするためにうがいと手洗いを行うようにしましょう。

鼻の内部へと侵入した雑菌や花粉を洗い流せる鼻うがいも蓄膿症には効果を発揮してくれます。

酵素先生カナコのまとめ

蓄膿症になる原因は「風邪、インフルエンザ」「アレルギー性鼻炎」「花粉症」「虫歯」「鼻のかみ過ぎ」この5つが主な原因でした。

改善策としましては腸内環境を整えてあげることが効果的でした。

腸内環境を整えることで免疫力がアップされ蓄膿症になる原因の風邪やアレルギー性鼻炎・花粉症の予防をになるため間接的に蓄膿症対策へとつながるのでしたね。

それに酵素ドリンクを飲むことで体の中の悪いものを吐き出すことで体質改善へを行えるたおすすめです。

酵素先生カナコがオススメする腸内環境を整えてくれる酵素ドリンクはこちらです

コメントを残す