酵素ドリンクで急性胃腸炎を改善!早く治す3つのポイント

腹痛2

酵素ドリンク急性胃腸炎改善する3つのポイント

突然物凄いお腹の痛みに襲われてその後下痢になった経験ありませんか?それは急性胃腸炎の可能性があります。特に急性胃腸炎などは風邪と勘違いしやすいため注意が必要なのです。
まず気になります急性胃腸炎にかかった時の早く治す3つのポイントがこちらです。

  1. 水分をしっかりと取る・・・下痢や嘔吐で体内の水分がどんどん奪われていきますので、しっかりと水分を取ることが大切です。できれば冷たい水は胃に負担をかけてしまうため控えましょう。
  2. 下痢止めや吐き気止めは飲まない・・・下痢や嘔吐は体内にいる細菌やウイルスを追い出そうとしているため薬で追い出すのを止めることで長引いてしまうのです。
  3. 無理をして食事をしない・・・下痢や嘔吐の症状が落ち着いたとしても胃が弱っている状態ですので脂っぽい食事など無理して食べることで胃に負担をかけてしまうためです。

特に薬や食事に関しまして勘違いをしている方も多いので注意されてください。

では急性胃腸炎になる原因と酵素ドリンクで急性胃腸炎を予防する方法について見ていきましょう。

急性胃腸炎になる原因ってなに?

吐き気

急性胃腸炎とは急激な腹痛や嘔吐に下痢が起こる症状のことです、主な急性胃腸炎になる原因はほとんどがウイルスや細菌が原因なのです。

O-157やサルモネラ菌や腸炎ビブリオなどは細菌が急性胃腸炎を引き起こしてしまい、そしてノロウイルスやロタウイルス・アデノウイルスなどはウイルスが原因で症状が現れてしまうのです。

細菌とウイルスではそれぞれの主に発症する季節が決まっています

細菌による急性胃腸炎は食べ物が腐ったり痛みやすい夏場に食中毒が原因で起こることが多いです、ウイルスによる急性胃腸炎では逆に冬場に発症しやすいのです。

また近くにいるだけでも咳やくしゃみによって感染の可能性もありますし、人からも嘔吐物からも感染してしまうため注意が必要です。

では気になる急性胃腸炎を酵素ドリンクで改善する方法と早く治す3つのポイントについてみていきましょう。

酵素ドリンクで急性胃腸炎改善と予防する方法とは?

バナナ

急性胃腸炎を防ぐためには未然の予防が重要になっていきます、そこで重要なのが腸内環境を正常に保つことです。

腸内環境を正常に保つカギは善玉菌を増やして悪玉菌よりも優勢にしておくことが大切で、善玉菌を増やして優勢にすることで急性胃腸炎になる原因の細菌やウイルスやそこで効果を発揮するのが酵素ドリンクに含まれていますバナナと大豆です。

バナナにはオリゴ糖が含まれており、このオリゴ糖が善玉菌のエサとなり増殖していくため腸内環境を整えることが出来るのです。

そして大豆には物繊維豊富に含まれており腸内の大掃除をしてくれます、そして食物繊維には糖分の吸収を抑える効果もあるため血液をサラサラへと変化して心筋梗塞や肝硬変改善にも効果を発揮してくれますのでバナナと大豆が含まれた酵素ドリンクが効果的なのです。

うがいとマスク

また、酵素ドリンクと合わせて簡単にできる予防方法としまして石鹸での手洗いとうがいとマスクをすることがお勧めです。

細菌やウイルスからの感染を防ぐことや二次感染の予防にもなりますので、石鹸でしっかりと手洗いをしてうがいを行いマスクを付けましょう。

酵素先生カナコのまとめ

急性胃腸炎になる原因はウイルスや細菌でしたね、改善策としましてはバナナと大豆が含まれている酵素ドリンクでしたね。

さらに急性胃腸炎を改善に効果的なのは玉ねぎが含まれている酵素ドリンクです。

玉ねぎは食物繊維も含んでいますがオリゴ糖も含む野菜なので、善玉菌を増殖して腸内環境を整えて急性胃腸炎の予防に効果的なのです。

さらに玉ねぎに含まれる硫酸アリルなどのイオウ化合物には、腸内の毒素を捕まえて体外に排出してくれるため体内に溜まっている悪いものをスッキリと排泄してくれるのです。

酵素先生カナコがおすすめするバナナと大豆、玉ねぎが含まれている酵素ドリンクはこちらです

コメントを残す